• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

ガンガゼ

浅いサンゴ礁や岩場などに生息している。

20~30cmの長い棘をもち、刺さると激痛が続く。

ガンガゼの棘は鋭く、皮膚に突き刺さりやすい。

さらに、もろく折れやすい構造になっているため、刺さると除去は難しく、体内に残りやすくなっている。

刺されないためには

1.棘はゴム手袋も突き通してしまうので、ガンガゼをさわらない。

2.リーフを歩くときは、底の硬い靴をはく。

3.サンゴや岩の下などにむやみに手を入れない、十分注意する。

刺されてしまったら

1.目に見える棘は取り除く。

棘を取り除く際には、必ずまっすぐに抜く。曲げたりゆすったりすると、棘が折れて体内に残ってしまう。

2.痛みを和らげるため、患部を40~50度のお湯につける。

やけどしないよう、お湯の温度に気をつける。

3.医療機関で治療を受ける。

 

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課薬務室

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?