• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2015年6月3日

旅館等における宿泊者名簿への記載等の徹底について

日本国内に住所を有しない外国人宿泊者に関しては、宿泊者名簿の国籍及び旅券(パスポート)番号欄への記載、旅券の呈示を求め、旅券の写しを宿泊者名簿とともに保存すること。 

2020年にオリンピック・パラリンピック東京大会が予定され、将来的に多数の外国人の来日が見込まれています。そのような中で、テロ等の不法行為を未然に防止するためには、営業者が実施すべき事項を徹底することが重要です。以下に徹底すべき事項の一部を記載します。  

【1】宿泊者に対し、宿泊者名簿への正確な記載の働きかけること。

【2】日本国内に住所を有しない外国人宿泊者に対する、宿泊者名簿の国籍及び旅券(パスポート)番号欄への記載の徹底し、旅券の呈示を求め、旅券の写しを宿泊者名簿とともに保存すること。

【3】旅券の呈示を拒否され、説明等を行った上での再度の求めも拒否された場合、宿泊者が旅券不携帯の可能性があるものとして、最寄りの警察署に連絡等の対応をすること。

【4】警察官から職務上宿泊者名簿の閲覧請求があった場合には、当該職務の目的に必要な範囲で協力すること。

下記のリンクファイルにて、詳細な内容を記載していますので、必ずご覧下さい。

旅館等における宿泊者名簿への記載等の徹底について(平成26年12月19日付け健衛発1219第2号厚生労働省健康局生活衛生課長)(PDF:96KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2055

FAX番号:098-866-2723

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?