• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 障害福祉サービス事業所・施設職員向け【新型コロナウイルス感染症PCR検査のご案内】

ここから本文です。

更新日:2021年11月19日

障害福祉サービス事業所・施設職員向け 新型コロナウイルス感染症PCR検査のご案内

  ≪新型コロナウイルス感染症PCR検査強化事業≫案内

ごあんない

  • 県内の障害福祉サービス事業所・施設に勤務し、利用者と接する職員は、定期的にPCR検査を受けることができます。
  • 障害福祉サービス事業所・施設での感染拡大を未然に防止するために検査を実施するものです。
  • 詳細は下記、検査案内をご覧ください。

PCR検査の案内概要(PDF:434KB)

申請案内(PDF:475KB)

同意書(ワード:21KB)   

Q&A集(PDF:284KB)

対象となる障害福祉サービス種別一覧(PDF:100KB)

検査の対象について

  • 障害福祉サービス事業所・施設に勤務し、利用者と接する職員とは、身体的接触に限られるものではなく、対面する、会話する、同じ空間で作業する場合も含まれます。
  • 利用者がいる建物から離れた別の建物に勤務し、物理的に利用者に会う可能性が全くない場合は対象となりません。
  • 対象者は「新型コロナ慰労金」の支給対象者と同様です。

検査の内容について

  • 令和3年12月から令和4年2月の3か月間で、職員一人当たり計4回(2~3週に1回)を目安として検査を行います。
    ※ただし、流行状況や検査希望状況によって、期間や回数を変更する場合があります。
  • 全事業所の検査を行いますので、検査の時期はご希望に沿うことはできません。事前に県からお知らせするタイミングで検査を行っていただきます。
  • 検査費用は県が負担します。

検査の流れについて

① 申請

  • 検査を希望する場合は、事前に申請を行っていただく必要があります。

② 容器配布

  • 検体採取容器を配布いたします。
    各市町村が指定する場所にて直接受け取っていただく場合と、事業所へ郵送される場合があります。
     ※市町村毎に検査機関が異なりますので、選択することはできません。

③ 採取

  • 各事業所において、各自で唾液を採取していただきます。PCR
    唾液を容器に吐き出す方法で、数分で完了します。
      (採取方法等の留意事項は、別途お知らせいたします。)

④ 提出

  • 採取した検体をとめて提出していただきます。
    全職員分の検体をまとめて、各市町村が指定する場所に持ち込んでいただく場合と、指定された方法で郵送していただく場合があります。
     ※市町村毎に検査機関が異なりますので、選択することはできません。

⑤ 結果通知

  • 後日、結果をお知らせします。
    ※陽性時には保健所等の指示に従っていただくことになります。

申請方法

 沖縄県電子申請サービスにて申請をお願いします。

申請期間: 令和3年11月10日(水)~11月16日(火) ※12月27日(月)まで延長します

電子申請サービスバナー(沖縄県電子申請サービス)(外部サイトへリンク)

申請にあたってのお願い

  • 多くの事業所での検査を迅速かつ円滑に進めるため、電子申請サービスでの申請をお願いしております。
  • 申請に当たっては、メールアドレスの登録が必要になります。
  • メールアドレスは申請後の連絡等に使用します。 
電子申請ができない場合はメールで申請してください。

申請様式(エクセル:22KB)

  • メールでの申請先: pcrokinawa@pref.okinawa.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策本部 総括情報部
ワクチン接種等戦略課 対策支援班
tel 098-894-5122
fax 098-861-2888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?