• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 保健医療部 地域保健課 > 【新型コロナウイルス感染症】療養期間中に提供された医療の公費負担について

ここから本文です。

更新日:2020年12月10日

【新型コロナウイルス感染症】療養期間中に提供された医療の公費負担について

ごあんない

公費負担イメージ

新型コロナウイルス感染症の療養期間中に提供された新型コロナウイルス感染症に関する医療については、保険給付分が差し引かれた自己負担相当分を公費で負担します。

公費負担の対象について

公費負担が適用される期間

陽性確定後、ホテルや自宅での療養期間中に病院などの医療機関で受けた診療や投薬が支給の対象です。療養期間には、ホテル入所または病院入院までの自宅待機期間が含まれます。

期間

公費負担が適用される医療の事例

支給対象可否

必要なお手続きについて(払い戻しの場合)

原則として、療養期間中に新型コロナウイルス感染症に関する医療の提供を受けた際は、その対象となる自己負担相当分について、医療機関の窓口での費用負担が免除されます。

受診した医療機関に対して、自己負担相当額の支払いを終えられた方は、所定のお手続きを経て、払い戻しをすることができますので、自己申告にご協力ください。フロー

自己申告について 

状況確認のため、療養期間中の医療提供の有無によらず、自己申告へのご協力をお願いします。

申告方法

ご申告の際には、沖縄県電子申請サービスをご利用ください。

電子申請サービスバナー(沖縄県電子申請サービス)

申告にあたってのお願い

自己申告後、内容確認のため、県からお電話やメールでご連絡を差し上げることがありますので、対応へのご協力をお願いします。

お問い合わせ

保健医療部感染症対策課総務班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(講堂)

電話番号:098-866-2014

FAX番号:098-861-2888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?