• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 公募・補助金等 > 修学資金の返還、取消し

ここから本文です。

更新日:2021年2月22日

修学資金の返還・取消し

1.修学資金の返還事由

 修学資金の貸与を受けた者が、次の各号のいずれかに該当する場合は、速やかに修学資金を返還する必要があります。

(1) 養成施設を卒業した日から1年を経過する日までに免許を取得しなかつたとき。

(2) 免許取得後、直ちに第10条第1項第1号アからテまでに規定する施設等において看護業務に従事しなかつたとき。

(3) 修士課程修了後、1年を経過する日までに第10条第1項第2号アからシまでに規定する施設等において看護業務に従事しなかつたとき。

(4) 修学資金の返還債務の免除を受ける前に免除対象施設において看護業務に従事しなくなつたとき。 

(5) 修学資金の返還債務の免除を受ける前に看護業務外の理由により死亡したとき。

<注意事項>

 上記の事由の生じた日から起算して20日以内に修学資金返還明細書(第6号様式)を提出してください。

 修学資金返還明細書(第6号様式)(PDF:88KB)

 2.修学資金の取消事由

 修学資金の貸与を受けた者が次のいずれかに該当する場合は、その者に対する貸与が取り消され、速やかに修学資金を返還する必要があります。

(1) 養成施設又は大学院を退学したとき。

(2) 心身の故障のため修学を継続する見込みがなくなつたと認められるとき。

(3) 学業成績が著しく不良になつたと認められるとき。

(4) 修学資金の貸与を受けることを辞退したとき。

(5) その他修学資金の貸与の目的を達成する見込みがなくなつたと認められたとき。

<注意事項>

 上記の事由の生じた日から起算して20日以内に修学資金返還明細書(第6号様式)を提出してください。

 修学資金返還明細書(第6号様式)(PDF:88KB)

3.返還方法

 修学資金を返還する場合は、貸与を受けた期間に相当する期間内に、月払、半年払又は一括払の方式により返還しなければなりません。(ただし、修士課程修学生は10年以内の期間内)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部保健医療総務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2169

FAX番号:098-866-2638

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?