• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年4月24日

資料室(動物愛護関係)

1.ペットに関する法律

2.犬による咬傷事故について

3.犬猫の引き取りについて

4.負傷動物について

5.保健所に収容された犬や猫はどうなるの?

1.ペットに関する法律

1.狂犬病予防法

  • 【目的】狂犬病の発生予防、蔓延防止及び撲滅
  • 【登録】生後91日令以上の犬の登録(生涯に1回)をし、鑑札を犬に着ける (登録窓口はお住まいの市町村です)
  • 【予防接種】年に1回(4月~6月)、狂犬病予防接種を受けさせ注射済票を犬に着ける
  • 【罰則】違反すると、20万円以下の罰金

狂犬病について(厚労省ホームページ)(外部サイトへリンク)

  • 八重山保健所管内の犬の登録頭数および狂犬病予防注射接種率ならびに

     全国の狂犬病予防注射接種率の最近5年間の推移

   登録頭数および狂犬病予防注射接種率  

 狂犬病最新ニュース

2.動物の愛護及び管理に関する法律

  • 【目的】動物愛護精神の普及と動物による人畜への危害防止
  • 【基本原則】動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめないこと。動物の本能・習性・生理に応じた適切な管理を行うこと。
  • 【主な事項】動物の所有者(管理者)の責務、動物取扱業者の責務、特定動物飼養に関する責務、愛護動物への虐待防止、など。
  • 【罰則】動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は2年以下の懲役又は200万円以下の罰金。動物を捨てたり、十分なエサを与えなかったり、怪我や病気を放置した場合は100万円以下の罰金。

動物愛護管理法(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)

3.石垣市犬取締条例・竹富町飼い犬に関する条例・与那国町飼い犬条例

各市町村には犬の適正な管理によって公衆衛生上の危害を防止するための飼い犬条例が制定されています。

飼い犬の係留義務や周辺を清潔に保つことなどが定められています。

お住まいの市町村の飼い犬条例をご確認ください。


4.竹富町ねこの飼養条例

西表島で猫を飼養する際は、イリオモテヤマネコの保護を目的とする飼養条例があります。

竹富町ねこ飼養条例(外部サイトへリンク)

トップに戻る↑

2.犬の咬傷事故について八重山管内における犬による咬傷事故数

八重山管内の犬による咬傷事故数は増加傾向にあります。特に所有者不明(所有者がいない徘徊犬、所有者が特定できなかった犬)の犬による件数が増えています。

沖縄県全体の咬傷事故数は86件(平成23年度)で、八重山管内のものが4割近くを占めています。

犬による咬傷事故を減らす為には放し飼いをしないことはもちろんのこと、その他どういったことに気をつけるといいのでしょうか。

年度別咬傷事故発生数
  平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
飼い犬

20

20

22

25

24

所有者不明の犬

1

2

2

8

6

21

22

24

33

30

咬傷大人

咬傷子供

「犬に咬まれないために」(PDF:71KB)←お子さまむけの資料です。

トップに戻る↑

3.犬猫の引き取りについて

【動物の愛護及び管理に関する法律第35条】

都道府県知事は犬又は猫の引き取りをその所有者から求められたときには、これに応じなければなりません。

ただし、次の場合には拒否することができます

  • 犬猫販売業者から引き取りを求められた場合
  • 飼い主が終生飼養することに努めていないと判断した場合

飼い主さんが引き取り依頼する理由トップ3

  1. 計画外の繁殖
  2. 引っ越し
  3. 飼育費用の負担・攻撃的性格

ペットは命あるものです。引き取りを依頼する前に今一度よくご検討ください。

「引き取り依頼の前に」(JPG:80KB)

飼い主さんからの引き取りは有料です。

所有者不明の犬猫に関しても保健所での引き取りは可能ですが、鑑札や名札がついていないことや所有者が近くにいないことを十分ご確認のうえご相談ください。

担当が不在の場合は対応ができないため、動物を連れてくる際はあらかじめ電話(0980-82-3243)でご確認ください。

トップに戻る↑

4.負傷動物について

負傷した犬猫について

公共の場にある負傷した犬猫についても保健所で引き取りが可能ですが、治療・延命行為は行っておりません。ご了承のうえ引き取り依頼をなさってください。

また、近くに所有者がいないか十分にご確認のうえご相談ください。

担当が不在の場合は対応ができないため、動物を連れてくる際はあらかじめ電話(0980-82-3243)でご確認ください。

負傷した野生鳥獣について

保健所では野生鳥獣の引き取りは行っておりません。お近くの野生動物ドクターにご相談ください。

詳細については傷ついた野生鳥獣を救うためにをご参照ください。

〈注意〉素手で野生動物に触らないようにしましょう!

トップに戻る↑

5.保健所に収容された犬や猫はどうなるの?

八重山保健所で収容された犬や猫は飼い主へ返還・譲渡・殺処分(舎内死含む)・動物愛護管理センターへの移送のいずれかの処分となります。

近年の処置頭数については資料福祉保健所概況(生活環境班)をご覧ください。

トップに戻る↑

 

家庭動物のTOPへ


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部八重山保健所生活環境班

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438

電話番号:0980-82-3243

FAX番号:0980-83-0474

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?