• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2020年1月8日

レプトスピラ症について    

 レプトスピラ症は病原性レプトスピラの感染によって引き起こされる人獣共通感染症です。熱帯・亜熱帯地方を中心に全世界的に発生がみられ、国内でも東北地方から九州・沖縄と全国に広く分布しています。

 沖縄県はレプトスピラ症の流行地域で、法律に基づいて保健所への報告が義務つけられた2003年以降毎年患者発生が報告されています。

 レプトスピラ菌は感染した動物の尿中に存在し、人は菌を含む尿に汚染された水(淡水)や土壌に触れることで感染します。

 当県で報告された患者のほとんどが6-10月の夏期に感染しており、推定感染機会をみてみると4分の3が河川でのレジャーや労働で感染し、推定感染地域の約9割が八重山地域もしくは本島北部地域でした。そのため、夏期に八重山地域もしくは本島北部地域で川や滝などでトレッキングやカヌー、遊泳といったレジャーに参加したりや労働に従事する場合には、適切な予防策をとり、淡水曝露後にレプトスピラ症に疑わしい症状を認めた場合には速やかに医療機関を受診することをお勧めします(詳細はリーフレット参照)。

 

レプトスピラ症について【リーフレット】(PDF:3,725KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部南部保健所健康推進班

〒901-1104 沖縄県南風原町字宮平212

電話番号:098-889-6591

FAX番号:098-888-1348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?