• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 事業概要・制度概要 > 厚生労働省多目的コホート研究について(宮古保健所)

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

多目的コホート研究について

目的

多目的コホート研究とは、国立がん研究センターが全国各地の住民、約10万人の方々から血液や食事・運動などの生活習慣に関する情報を提供いただき、10年以上にわたる長期追跡をすることで、どのような生活習慣を持つ人が、がん・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病などになりやすいか、またはなりにくいかを明らかにすることを目的としています。

                                                ※2009年度までは厚生労働省による

対象者

全国各地の保健所(11カ所)管内の住民約10万人が対象となっており、宮古保健所管内からは、平成4年12月31日現在に旧平良市及び旧城辺町(現宮古島市平良地区、城辺地区)に在住し、かつその時点において40歳以上70歳未満の方(大正12年1月1日から昭和27年12月31日に生まれた方)全員を、研究の対象者としました。

ベースライン調査

対象者に対して、生活習慣などに関するアンケートをお願いしました。また、地域・職域で行われる健康診断等の機会を利用し、血液や検査データの提供をお願いしました。

5年度調査10年後調査

ベースライン調査の5年後にはアンケート調査及び血液・検査データ、10年後にはアンケート調査に御協力頂きました。

フォローアップ調査

コホート対象者全員の、(1)死亡、(2)転出および再転入、(3)がん、循環器疾患(脳卒中、心筋梗塞)など病気の罹患についての把握を行っています。

※循環器疾患(脳卒中、心筋梗塞)は、平成24年12月31日発症の症例で登録を終了しています。

ニュースレター

参加者へのコホート研究の成果に関する情報の還元、住所の確認などを目的に、ニュースレターを対象者に対して配布しています。

ニュースレター(平成17年度)・・・宮古の飲酒について(PDF:751KB)

ニュースレター(平成20年度)・・・宮古の人は太っている!?(PDF:1,048KB)

 

JPHCStudy(国立がん研究センターによる多目的コホート研究)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部宮古保健所健康推進班

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-73-5074

FAX番号:0980-72-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?