• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

水道法関係


タンクの中は汚れていませんか?!!
安全で衛生的な水を・・・・・・

 

ビル・一般家庭などの飲み水は、安全で衛生的なければなりません。そのため、設置者は受水槽・高置水槽を適正に管理する必要があります。

 

簡易専用水道の設置届出について


水道法では受水槽(水タンク)の有効容量が10トンを超えるものを「簡易専用水道」と呼び、清掃・定期検査など規制を設けています。家庭等で設置している受水槽は容量が10トン以下のものが多いですが、構造・性質・安全性等は「簡易専用水道」と同じですので、同様な管理が必要です。

受水槽(水タンク)などの施設の管理が不十分な場合、赤サビ等がタンクの底に溜ったり、タンクの内部で藻が発生したりすることが多く見受けられます。

これらは、異臭味の原因となることがありますので、年に少なくとも1回は清掃を行うことが好ましいでしょう。また、藻や赤水による汚れ以外にも目に見えない水質の異常がないか、施設に不備な箇所がないかを年に1回は調べることも大切です。

権限移譲により、平成24年4月1日から各市町村担当課が届出の窓口になります。

ページトップへ↑

お問い合わせ

保健医療部宮古保健所生活環境班

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-72-3501

FAX番号:0980-72-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?