• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 施設案内・組織案内 > 麻薬取扱者免許の手続きについて

ここから本文です。

更新日:2017年8月25日

麻薬取扱者免許の手続きについて

 

  このページの内容(各項目へ移動します。) 

 1 麻薬施用者免許申請について 
 2 麻薬管理者免許申請について 
 3 麻薬小売業者免許申請について
 4 麻薬取扱者免許証再交付申請について
 5 麻薬取扱者免許証記載事項変更届について
 6 麻薬取扱者免許証業務廃止届について
 7 麻薬取扱者免許証返納届について
  様式集(ワード:91KB) 

 ※平成25年4月1日から、手数料が一部変更になります。
 詳細はこちらをご確認下さい。

 1 麻薬施用者免許申請について

麻薬施用者とは、都道府県知事の免許を受けて、疾病の治療の目的で、業務上麻薬を施用し、若しくは施用のため交付し、又は麻薬を記載した処方箋を交付する者をいいます。

●申請書類
1.免許申請書(別記第1号様式)

2.診断書(診断日より1ヶ月以内のもの。精神の機能の障害又は当該免許を受けようとする者が麻薬中毒者若しくは覚せい剤中毒者であるかないかに関する医師の診断書)

3.医師、歯科医師又は獣医師の免許証(窓口で原本を提示)

4.申請手数料 3,900円(沖縄県収入証紙)

【注意点】
・県内2ヶ所以上の診療施設において麻薬の診療に従事する場合には、主に麻薬の診療に従事する診療施設を「業務所」として、その他の診療に従事する診療施設を「従として診療に従事する診療施設」として申請する必要がある。
・「従として診療に従事する診療施設」には麻薬管理者が設置されていなければならないので留意すること。
・都道府県を異にする2ヶ所以上の診療施設において麻薬の診療に従事するには、各々の都道府県において麻薬施用者の免許を必要とする。


 ページトップへ移動

 2 麻薬管理者免許申請について

麻薬管理者とは、都道府県知事の免許を受けて、麻薬診療施設で施用され、又は施用のため交付される麻薬を業務上管理する者をいいます。
2人以上の麻薬施用者が診療に従事する麻薬診療施設にあっては、免許を受けた麻薬管理者を1人設置しなければなりません。この場合、麻薬施用者が麻薬管理者を兼ねても構いません。

●申請書類

1.麻薬管理者免許申請書(別記第1号様式)

2.診断書(診断日より1ヶ月以内のもの。精神の機能の障害又は当該免許を受けようとする者が麻薬中毒者若しくは覚せい剤中毒者であるかないかに関する医師の診断書)

3.医師、歯科医師、獣医師又は薬剤師の免許証(窓口で原本を提示)

4.申請手数料 3,900円(沖縄県収入証紙)

 ページトップへ移動

 3 麻薬小売業者免許申請について

麻薬小売業者とは、都道府県知事の免許を受けて、麻薬施用者が発行した麻薬を記載した処方箋に基づき調剤した麻薬を譲り渡すことを業とする者です。


●申請書類
1.免許申請書(別記第1号様式)

2.診断書(診断日より1ヶ月以内のもの。精神の機能の障害又は当該免許を受けようとする者が麻薬中毒者若しくは覚せい剤中毒者であるかないかに関する医師の診断書)
※申請者が個人の場合・・・申請者のみ診断書が必要
※申請者が法人又は団体の場合・・・麻薬関係業務を行なう役員全員の診断書が必要

【麻薬関係業務を行う役員とは】
1.合名会社・・・定款に別段の定めのないときは社員全員
2.合資会社・・・定款に別段の定めのないときは無限責任社員全員
3.有限又は株式会社・・・代表取締役及び「麻薬及び向精神薬取締法」の免許に係る業務を担当する取締役
4.民法法人・・・理事全員

3.申請者が法人の場合、組織図及び登記簿謄本
(なお、組織図に代表取締役等の最高責任者により、事実に相違ない旨の証明(署名又は記名押印。押印は代表者印)が付され、これにより業務を行なう役員の範囲が明示されている場合には、登記簿謄本の添付は不要。

4.薬局開設許可証の写し

5.申請手数料 3,900円(沖縄県収入証紙)

 ページトップへ移動

 4 麻薬取扱者免許証再交付申請について

麻薬取扱者免許証を紛失又はき損したときは、15日以内に申請しなければなりません。


●申請書類

1.麻薬取扱者免許証再交付申請書(別記第6号様式)

2.麻薬取扱者免許証の原本(き損の場合)

3.申請手数料 2,700円(沖縄県収入証紙)

※免許証の再交付後に、紛失した免許証を発見した場合は、15日以内に発見した免許証を返納する必要があります。

 ページトップへ移動

 

 5 麻薬取扱者免許証記載事項変更届について

麻薬取扱者免許証の記載事項に変更が生じたときは、15日以内に届け出なければなりまん。

●申請書類
1.麻薬取扱者免許証記載事項変更届(別記第5号様式)

2.麻薬取扱者免許証の原本

3.遅延理由書(変更日より15日を超えて届け出る場合)

【変更とは】
・住所又は氏名の変更
・主又は従として診療に従事する麻薬診療施設の名称及び所在地の変更(県内における転勤など)。ただし、麻薬管理者が管理する麻薬診療施設を変更する場合には、新規で麻薬管理者免許を取得する必要があります。
・従として診療に従事する麻薬診療施設の追加又は削除


 ページトップへ移動

 6 麻薬取扱者免許証業務廃止届について

麻薬取扱者は、当該免許の有効期間中に当該免許に係る麻薬業務所における麻薬に関する業務を廃止したときは、15日以内に都道府県知事に、免許証を添えてその旨を届け出なければなりません。

●申請書類

1.麻薬取扱者業務廃止届(別記第3号様式)

2.麻薬取扱者免許証の原本

3.遅延理由書(業務廃止日より15日を超えて届け出る場合)

 ページトップへ移動

 7 麻薬取扱者免許証返納届について

麻薬取扱者は、その免許の有効期間が満了し、又は法第51条第1項の規定により免許を取り消されたときは、15日以内に都道府県知事に、その免許証を返納しなければなりません。

●申請書類

1.麻薬取扱者免許証返納届(別記第4号様式)

2.麻薬取扱者免許証の原本

3.遅延理由書(15日を超えて届け出る場合)

 ページトップへ移動


※このページに記載されていること以外にも、手続きに必要な書類や、各種申請、届け出る事項があります。ご意見・お問い合わせは、下記へお願いします。
沖縄県宮古福祉保健所
生活環境班 0980-72-3501


宮古福祉保健所トップ目的別メニュー>麻薬及び向精神薬取締法関係

お問い合わせ

保健医療部宮古保健所生活環境班

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-72-3501

FAX番号:0980-72-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?