• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

特定不妊治療費

特定不妊治療費について

特定不妊治療(不妊治療のうち体外受精及び顕微授精)に要した医療費の一部を助成します。

助成内容

  1. 1回の治療につき上限15万円
    (治療区分により助成額が異なる場合があります。詳しくは窓口にお問い合わせください。)
  2. 治療1年度目は年3回、2年度目以降は年2回
  3. 通算5年間(但し、回数が10回を超えない)

対象者

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦で、特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがない又は極めて少ないと医師に診断された方
  2. 指定医療機関において特定不妊治療(助成対象となる治療区分に該当すること)を終了した方
  3. 沖縄県内に住所を有し、夫婦の合計所得が730万円未満である方
  4. その他、沖縄県が定めるすべての助成要件を満たす方

指定医療機関(平成26年1月8日現在)

  • ウィメンズクリニック糸数
    Tel098-869-8395
  • 豊見城中央病院産婦人科
    Tel098-850-3811
  • 琉球大学医学部付属病院産婦人科
    Tel098-895-3331
  • 上村病院
    Tel098-938-1035
  • アドベンチストメディカルセンター
    Tel098-946-2837
  • ALBA沖縄CLINIC
    Tel098-852-3130

申請期限

助成を受けようとする方は、治療が終了した日の属する年度内

(ただし、3月に終了した場合は、翌年度4月末まで)に申請をしてください。

必要書類

  • 特定不妊治療費助成事業申請書
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(指定医療機関が記入)
  • 領収書(指定医療機関が発行)
  • 特定不妊治療費助成事業請求書
  • 夫及び妻の住民票(続柄が記載されたもの)。
    ご夫婦であることを住民票の続柄で確認できない(別居しているなどの)場合は住民票の他に戸籍謄本または抄本も提出してください。詳しくは申請書の備考にあります。
  • 夫婦それぞれの所得課税証明書(詳細)
    (収入がない場合も0円という証明が必要になります。)

お問い合わせ

保健医療部宮古保健所地域保健班

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-72-8447

FAX番号:0980-72-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?