• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 保健医療部 北部保健所 > 生活環境班 解体等工事 よくある問い合わせ

ここから本文です。

更新日:2022年9月14日

生活環境班 解体等工事 よくある問い合わせ

解体等工事を実施するために必要な手続きは?

 解体等工事を実施する際は、アスベスト含有建材の有無について事前調査が必要です。また工事規模やアスベストの種類により各種手続きが必要となります。

事前調査は全ての解体等工事で必要です。

 解体等工事を実施する際は、工事の規模や建築物の構造に関わらず全ての工事でアスベスト含有建材の有無について事前調査が必要です。事前調査は工事元請業者の責任で実施し、目視、図面の確認、定性・定量分析などを組み合わせてアスベスト有無を判断します。

 なお、令和5年10月1日以降に施工する工事については、事前調査を実施するために資格が必要になります。

建築物石綿含有建材調査者講習(外部サイトへリンク)

一定規模以上の解体等工事については、事前調査結果の報告が必要です。

 報告対象は以下の工事です。

  • 面積80㎡以上の建築物の解体工事
  • 請負金額が100万円以上の建築物の改修工事及び工作物の解体・改修工事

 調査の結果、アスベスト含有建材無しの場合でも報告は必要です。

 報告は原則インターネット上から石綿事前調査結果報告システムで行う必要があります。システムを利用できない方は紙様式による報告も可能です。

石綿事前調査結果報告システム(外部サイトへリンク)

飛散性アスベストの除去等を行う場合は、14日前までに届出が必要です。

 事前調査の結果、

  • 吹付け石綿(いわゆるレベル1建材)
  • 石綿を含有する断熱材、保温材及び耐火被覆材(いわゆるレベル2建材)

 の飛散性アスベスト建材が存在し、除去・封じ込め等の措置を行う場合は14日前までに届出が必要です。(上記システムによる報告と併せて行う必要があります。)

沖縄県環境部 環境保全課

 なお、飛散性石綿アスベストの除去作業を行う際には労働基準監督署への届出も必要な場合があります。

石綿障害予防規則関係様式(外部サイトへリンク)

その他土木事務所や労働基準監督署へ手続きが必要な場合があります。

 詳細は各所へお問い合わせください。

建物にアスベストが含まれているか確認したい

 アスベスト含有建材の調査には専門の知識と経験が必要になります。アスベスト専門工事業者、分析機関等に依頼してください。保健所は分析等は行っていません。

→ 計量関係事業者名簿  アスベストの分析をおこなっているかは、計量証明事業名簿(環境)から各事業者へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

保健医療部北部保健所生活環境班

〒905-0017 沖縄県名護市大中2-13-1

電話番号:0980-52-2636

FAX番号:0980-53-2505

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?