• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > ペット・動物 > ハブに咬まれた時

ここから本文です。

更新日:2014年1月20日

ヘビに咬まれた時

ヘビに咬まれたら,どうしたらよいでしょうか.
1.まず,あわてずに,ハブかどうかを確かめます.
 ヘビの種類が分からなくても,ハブなら牙のあとが普通2本(1本あるいは3,4本の時も)あり,数分で腫れてきてすごく痛みます.
2.ハブの可能性があったら,助けをよびます.
 走ると毒の回りが早くなるので,車で病院に運んでもらうか,ゆっくり歩いて行きます.
3.傷口(牙のあと)から血と一緒に毒を吸い出します(この吸い出し処置は将来不採用になる可能性あり).
 専用の吸引器が無い場合は,口で吸い出してください(受傷後5分以内が有効).口の中に傷があっても,心配いりません.また毒は飲み込んでも,胃の中で分解されるので害はありません.
4.病院まで時間がかかる場合は,指が一本通る程度にゆるく縛ります.
 血の流れを減らす程度に縛ります.強く縛ると血流が止まり,逆効果になることもあります.縛った後は,15分に1回はゆるめます.

受傷 吸う 抗毒素

   多くの牙の痕は2つ               自分で毒と血を吸い出す         抗毒素(粉末を溶かして使用) 

抗毒素配備機関のリストは,薬務疾病対策課のページから.

 

< ホームページへ移動 >

お問い合わせ

保健医療部中部保健所(代表)

〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-28

電話番号:098-938-9886

FAX番号:098-938-9779

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?