• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 事業概要・制度概要 > 妊産婦支援に関すること > マタニティーマークを通した「妊産婦にやさしい環境づくり」の推進

ここから本文です。

更新日:2019年2月4日

マタニティーマークを通した「妊産婦にやさしい環境づくり」の推進


    

          ~妊産婦さんへの思いやりがマークになりました~

              

 

マタニティーマークとは

21世紀の母子保健分野の国民運動計画である「健やか親子21」では、その課題の一つに「妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保」を挙げています。

この課題達成のためには妊産婦に対して理解のある地域環境や職場環境の実現、受動喫煙の防止、各種交通機関における優先的な席の確保について、国民、関係機関、企業、地方公共団体、国がそれぞれの立場から取り組むことが重要です。

特に、妊娠初期などには外見的には、妊娠していることがわかりづらいことから、周囲からの理解が得られにくいという声が聞かれ、さらなる取組が必要とされてます。この課題解決のために、国において妊産婦に対する気遣いなど、妊産婦にやさしい環境づくり関して国民の関心を喚起するために、上記のマークが決定されました。

期待される効果

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

リンク

健やか親子21ホームページ(外部サイトへリンク)

健やかな妊娠・出産のために

 

 

お問い合わせ

保健医療部地域保健課母子保健班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階

電話番号:098-866-2215

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?