• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県内NICU(新生児集中治療室)の満床状態が続いています。

ここから本文です。

更新日:2019年10月24日

県内NICU(新生児集中治療室)の満床状態が続いています。

1 概要

県内2 ヶ所の総合周産期母子医療センターと一部の地域母子医療センターでは、今年度に入り、NICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児回復治療室)の満床状態が続いています。さらに、周産期医療体制の強化を図るため令和元年7 月より県立中部病院にNICU9 床を増床する工事が始まり、院内の改修工事とあわせて、令和元年10 月末から令和2 年3 月までNICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児回復治療室)の入院制限を行う予定です。

2 早産を予防し、安全に出産するために

 

  1. 妊娠がわかったら、早めにお住まいの市町村で母子(親子)健康手帳を交付してもらいましょう。
  2. 妊婦さんは、定期的に妊婦健診を受診しましょう。また、家族やパートナー、周囲の方は、定期健診の受診を促しましょう。
  3.  妊婦さんは、十分な睡眠や食事をとることはもちろんのこと、こまめに横になって休むなど休息をとるよう心がけましょう。
  4. 妊娠22 週から27 週は、特に体調に気をつけるようにしましょう。
  5.  おなかの張りや痛み、出血や破水があればすぐにかかりつけの医師に相談しましょう。夜間の対応についても予めかかりつけと相談して下さい。
  6. 妊婦さん自身に心配事や悩みがある場合は、家族や友人に相談しましょう。身近な人に相談できない時は、「沖縄県女性健康支援センター」の電話相談を利用しましょう。

お問い合わせ

保健医療部地域保健課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?