• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 議会 > 議会情報(平成21年~) > 平成26年第1回議会(臨時会)緊急質問者及び質問通告

ここから本文です。

更新日:2014年2月13日

平成26年第1回議会(臨時会)緊急質問者及び質問通告

今臨時会の緊急質問の質問者及び順序は次のとおりです。
※質問通告表(PDF形式)のダウンロード

 

平成26年1月9日木曜日(7会派、7人)
順位

質問者
(会派)
質問時間

質問通告
1

照屋 守之

(自民党)

20分

  1. 法律上、基準に適合している申請について不承認とすることができるか。
  2. 政治的理由、地域の意見、県民の思い、公約等の理由で不承認とすることができるか。
  3. 法律に基づく行政手続の判断は、シビアなものか。
  4. 法律に基づく判断と公約等の判断は別か。
  5. 公有水面埋立法第4条第1項の6項目をクリアしなければ承認できないとの議会答弁があったが、そのことについて説明願いたい。
  6. 基地負担軽減について4項目要望しているが、政府の取り組む姿勢について
  7. 普天間飛行場の5年以内運用停止に向け、政府にどう実現させるか。
  8. 普天間飛行場の危険性の除去は喫緊の課題、その取り組みについて
  9. 政府が示した基地負担の軽減と知事の埋立承認はリンクするか。
  10. 要請で掲げた基地負担軽減4事項は、埋立承認のための条件か。
  11. 総理が「キャンプ・キンザーの7年以内の全面返還は防衛省に返還計画促進のためのチームを設置した」としているが、県は政府に対し具体的にどのようなことを求めていくか。
  12. 政府は「倉庫地区は返還までの期間を最大限短縮することを目指す」としているが、7年以内の全面返還の可能性について
  13. キャンプ・キンザーの7年以内の全面返還という負担軽減策に対する地元浦添市の見解について
  14. 負担軽減策についてアメリカの同意が得られていない。どうなるか。
  15. KC130の岩国移転は普天間飛行場にどう影響するか。
  16. 環境に関し、日米地位協定を補足する新たな政府間協定について
  17. オスプレイの訓練等の約半分を県外で行うことができる取り組みが示されたが、県の見解について
  18. オスプレイ12機程度の県外配備について
  19. 普天間飛行場が5年以内に運用停止された場合、どのような効果や影響があるか。
  20. 沖縄をめぐる国際情勢等に関する我が国の安全保障の現状に対する県の見解について
2

仲村 未央

(社民・護憲)

20分

  1. 埋立承認の判断と県外要求公約、振興策等との関係について伺う。あわせて、情報開示と説明責任、地元名護市意見との関係について伺う。
  2. 公有水面埋立法の承認基準、その適否について伺う。
  3. その他、行政報告の内容について伺う。
3

玉城 義和

(県民ネット)

20分

  1. 承認と経済振興等の関連について
  2. 公約との関連について
  3. 新基地を建設するという認識について
  4. 「辺野古は事実上困難である」というこれまでの議会答弁との整合性について
  5. 4項目の要請について
  6. 公有水面埋立法の適合性について
  7. 知事の承認についての県民・国民の反応について
4

金城 勉

(公明県民無所属)

20分

  1. 基地と予算のリンク論について、見解を求める。
  2. 「辺野古移設は事実上不可能、県外を探した方が早い」としたこれまでの発言と辺野古埋立「承認」の整合性について説明を求める。
  3. 「不承認」も想定したか、その場合どういう懸念があったのか。
  4. 「県外移設を求める」公約は、生きているか。
  5. 辺野古移設は実現すると考えるか。
  6. 基地負担の軽減策4項目の実現性について見解を求める。
  7. 辺野古移設工事に対する阻止行動が実施され、警察や海上保安庁との衝突、トラブルにより、県民同士、国民同士の対立が起きたとき、知事は、どう対応するか。
  8. 多くの県民は、全国が拒否する米軍基地を、あくまで沖縄に押しつけようとする政府の意図を理不尽として怒りを燃やしている。知事は、この県民感情をどう受けとめ、対応するか。
5

渡久地 修

(共産党)

20分

1 知事の政治姿勢について

(1)普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立申請の審査結果について

(2)埋立申請の承認に至る経過等について問う。

(3)知事の県民への選挙公約との関係を問う。

(4)知事及び当局のこれまでの議会答弁に関して問う。

(5)政府への要望書について問う。

(6)沖縄振興策と辺野古新基地建設をリンクさせたことについて問う。

6

呉屋 宏

(そうぞう)

20分

  1. 普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立承認申請の審査結果について
7

比嘉 京子

(社大党)

20分

  1. 埋立承認記者会見について
  2. 埋立承認と選挙公約について
  3. 公有水面埋立法との適合状況等について
  4. 議会答弁等との整合性について
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

沖縄県議会事務局議事課(代表)

〒900-8501 沖縄県那覇市泉崎1-2-3

電話番号:098-866-2574

FAX番号:098-866-2350

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?