• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 土地 > 事業概要・制度概要 > 土地収用 > 3.(1)裁決申請及び明渡裁決申立て

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

3.(1)裁決申請及び明渡裁決申立て

収用の裁決手続きには、土地の所有権などを取得するための裁決申請と建物などを移転して土地の明渡しを求める明渡裁決申立ての2つがあります。
明渡裁決申立ては、裁決申請と同時か又はその後に行わなければなりません。

土地調書・物件調書の添付

起業者は、裁決申請にあたっては土地調書を、明渡裁決申立てにあたっては、物件調書を作成する必要があります。
これらの調書には、起業者、土地所有者及び関係人の署名押印が必要ですが、土地所有者及び関係人は、その記載事項について異議があるときは、異議の内容を付記して署名することができます。
そして、異議を付記した事項については、収用委員会においてその真否を争うことができますが、異議を付記しなかった事項については、記載の内容が真実でない旨を立証しない限り異議を述べることができなくなります。
起業者は、これらの書類を添付して裁決申請及び明渡裁決申立てを行います。


(2)土地所有者及び関係人の権利

お問い合わせ

土木建築部用地課収用班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2423

FAX番号:098-866-2682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?