• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 交通 > 事業概要・制度概要 > 都市モノレールの必要性

ここから本文です。

更新日:2013年7月2日

都市モノレールの必要性

沖縄県の人口は、本土復帰直前の昭和45年で94.5万人が、平成13年では132.9万人となり、約1.41倍の伸びを示しています。また、復帰時(S47)に対する平成8年の国・県道の実延長及び改良延長の伸びは、それぞれ1.26倍及び2.20倍となっています。
一方自動車の保有台数は復帰時に比べ実に5.43倍の826千台に伸びており、人口及び道路の改良状況を大幅に上回っています。このため、那覇都市圏では、恒常的な交通渋滞が発生しています。
平成11年交通センサスによると、ピーク時の平均旅行速度は14.9km/h(全国平均35.0km/h)となっており、自動車の移動性も低下しています。また、本県唯一の公共輸送機関であるバスは、道路の混雑に巻き込まれ、定時・定速性の確保が困難となり、公共交通利用者は年々減少傾向にあります。
このような状況に対し、中量輸送軌道システムであるモノレールは、交通需要に見合った弾力的な輸送力を有しており、その導入によって当面する那覇市内の交通問題の緩和が図れます。

時間を短縮し定時・定速で走ります。


沖縄都市モノレールは、那覇空港ターミナルを始発として、首里汀良町まで12.9キロを27分で走ります。これに対し、空港から汀良までのバス所要時間は、平成6年12月に実施したバス利用実態調査によれば、最大で69分、最小で42分を要しており、モノレールの導入により15~42分の大幅な時間短縮が図れます。
都市モノレールは、路面交通の影響を受けず、定時・定速で運行できるという大きな特性を持っています。

バスやタクシーとの連絡が便利になります。

主要な駅には、交通広場を整備しており、都市モノレールを軸とした那覇都市圏の効率的な交通システムが確立されます。すなわち、モノレールを軸としてバス・タクシーなど他の交通機関と円滑に結節することにより、各地点間の移動時間を短縮するとともに、利用客の利便性・快適性を高めます。

環境にやさしい快適な乗り物です。

モノレールは、大気汚染や騒音・振動等周辺の環境に及ぼす影響が少ない交通機関であり、沿線地域の環境保全に寄与します。

2両編成で多くの乗客を運びます。

都市モノレールは、毎日、決められた時刻どおりに走ります。特に、朝夕のラッシュアワーのように利用者の多い時間帯は6分という短い間隔で運行されます。車両は2両編成で定員165名です。

交通渋滞を緩和し交通事故から守ります。

モノレールの導入は、自動車からの転換により、道路の交通渋滞の緩和に寄与し、通勤・通学はもとより、営業等の経済活動にとっても時間、経費の軽減をもたらします。
また、交通渋滞の緩和により交通事故の減少も期待できます。

沿線地域の発展に寄与します。

駅は、交通の要であるとともに、街づくりの核にもなります。駅を中心とした周辺の整備は、豊かな街づくりをめざして計画されています。
モノレールの導入は、沿線地域開発整備に大きなインパクトを与え、市街地としての高度利用を促進し、地域の活性化に大きく寄与します。

 


 沖縄県HPトップページへ   都市計画・モノレール課HPトップページへ


お問い合わせ

土木建築部都市計画・モノレール課都市モノレール室

沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号

電話番号:098-866-2408

FAX番号:098-866-5938

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?