• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 景観 > 関係法令 > 沖縄県景観形成条例について

ここから本文です。

更新日:2019年2月15日

沖縄県景観形成条例について


生活基盤の安定等により都市が熟成することにより、都市計画も地域性を尊重し、ゆとりある空間を形成する視点が求められています。

本県においては「沖縄県景観形成条例」及び「沖縄県景観形成基本方針」を制定し、景観形成に関する各種施策を市町村・県民・事業者と連携を図りながら実施しています。

 

市町村において景観条例を制定している場合の手続き

 景観条例を制定している市町村においては、各市町村の景観条例に基づく届出を行う必要があります(この場合、県への届出の必要はありません)。市町村によって届出対象行為が異なりますのでご注意ください。

また、現在、沖縄県景観形成基準により審査を行っている市町村は次のとおりになります。

 国頭村・東村・大宜味村・金武町・嘉手納町・南風原町・渡嘉敷村・座間味村・粟国村・南大東村・多良間村

なお、沖縄県の景観形成基準による審査に該当する場合も、届出の受付は各市町村役場になります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部都市計画・モノレール課景観形成班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟11階(南側・市役所寄り)

電話番号:098-866-2408

FAX番号:098-866-5938

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?