• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 建築・開発 > 事業概要・制度概要 > 建築確認 > バリアフリー法関係 > バリアフリー法認定申請における構造計算適合性判定に準じた審査に係る事務取扱について(平成22年1月26日)

ここから本文です。

更新日:2014年3月13日

バリアフリー法認定申請における構造計算適合性判定に準じた審査に係る事務取扱について(平成22年1月26日)

「高齢化、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(以下、「バリアフリー法」という。)第17条の規定に基づく認定等を受けた建築物については、建築基準法(以下「法」という。)第6条第1項の規定による確認済証の交付を受けたものとみなされるため、建築確認の手続きの一環としての構造計算適合性判定(以下、「適判」という。)に係る図書等の提出は原則不要となります。

しかし、国の技術的助言では、「適判制度の導入された趣旨に鑑み、従前の認定の審査に加え、適判に準じた審査を行う必要がある」としていることから、当該認定事務においても、適判に準ずる審査方法の整備が必要となっていました。

今般、本県では、当該認定申請における適判に準ずる審査方法について、去る、平成21年12月18日沖縄県建築行政連絡会議において、以下のとおり事務取扱を定めましたので、関係者の皆様へお知らせします。


バリアフリー法等の認定申請における構造計算適合性判定に準じた審査に係る事務取扱要領(PDF:54KB)

バリアフリー法の認定フローについて(PDF:70KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部建築指導課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2413

FAX番号:098-866-3557

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?