• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2019年10月4日

公営住宅の建設

公営住宅は、住宅に困窮する低額所得者に対し低廉な家賃で賃貸することを目的に、地方公共団体が国の補助を受けて公営住宅法に基づき建設しています。
沖縄県における公営住宅の建設は、琉球政府の補助による市町村営住宅の建設が1962年(昭和37年)から開始され、昭和47年の本土復帰までに3,656戸が建設されました。復帰後は県営住宅建設も加わり、平成30年度までの実績は、県営住宅19,883戸、市町村営住宅18,131戸の合わせて38,014戸が建設されています。
また、公営住宅の建替え事業は、昭和63年度から始まり、平成30年度までに県営16団地、市町村営43団地において建替えが行われています。

県営住宅の建替事業について

沖縄県では、これまでに県営平良団地、県営志真志団地、県営渡橋名団地、県営登野城団地、県営浜川団地、県営上田団地、県営泡瀬団地、県営須利原団地、県営豊見城団地、県営与那原団地、県営名護団地、県営神森団地の建替を行いました。

現在、県営大謝名団地、県営南風原第1団地、県営南風原第二団地、県営新川団地の建替事業を実施しております。

 

 

お問い合わせ

土木建築部住宅課公営住宅班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2418

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?