• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 下水道 > 施設案内・組織案内 > 土木建築部 下水道課 > 西原浄化センター消化ガス有効利用に関するサウンディング型市場調査について(提案募集)

ここから本文です。

更新日:2020年9月17日

西原浄化センター消化ガス有効利用に関するサウンディング型市場調査について(提案募集)

以下のとおり、サウンディング型市場調査を実施いたします。

1.調査の目的

 沖縄県の流域下水道事業では、21世紀ビジョン基本計画に掲げる「持続可能な循環型社会」を構築するため、下水汚泥の緑農地還元や消化ガスを燃料としたガス発電等への有効利用を推進しています。また、令和2年4月に地方公営企業法の財務適用となり、経営の効率化・合理化を計画的に推進していくこととしております。

 現在、那覇浄化センターでは、消化ガスを利用した自家発電設備により、場内で消費される電力の約4割を賄っています。また、宜野湾浄化センター及び具志川浄化センターでは、国のFIT制度(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を活用した、民間発電事業者との官民連携(民設民営方式)による再生可能エネルギー発電事業(以下、FIT事業)を実施しており、県が消化ガスの売却等により得られた収益は維持管理費に充て、コスト低減に繋げているところです。

 一方、西原浄化センターにおいては、消化タンクの加温用温水器の燃料としての用途を除き、余剰消化ガスは燃焼処理していることから、全体的な有効利用を図りたいと考えております。また、那覇・宜野湾・具志川浄化センターと比べて、消化ガス発生量が少ないことから、有効利用に向けたハードルが高いと考えていましたが、近年の流入下水量の伸びに伴い、消化ガス発生量が増加していることや、全国的に西原浄化センター規模においても民間事業者による事業実績が増えてきた背景から、事業化に向けた情報収集を行っています。

 本調査では、西原浄化センターの消化ガス有効利用及び公営企業の経営改善に向け、FIT事業やその他手法を含めた事業化の可能性について情報収集を行うことにより、事業化の判断や公募条件の整理を行うことを目的としています。

2.スケジュール

令和2年8月17日(月曜日):   実施要領の公表

令和2年9月16日(水曜日):   サウンディング参加申込期限(エントリーシート提出)

令和2年9月25日(金曜日):   提案書の提出期限

令和2年9月下旬~10月上旬:  サウンディングの実施(対面又はWEBにて実施予定)

令和2年10月中旬      :      実施結果概要の公表

3.実施要領

本調査に関する実施要領は、下記のとおりです。

実施要領「西原浄化センター消化ガス有効利用に関するサウンディング型市場調査」(PDF:136KB)

別紙1西原浄化センター配置図(PDF:1,031KB)

別紙2エントリーシート(ワード:20KB)

4.問い合わせ先

本調査について、質問等がある場合は9月4日(金曜日)までに、下記の連絡先までお問い合わせください。

質問は任意様式で、電子メールにてご提出ください。質問・回答事項については、質問者名を伏せて下水道課ホームページに掲載します。

 

窓口:沖縄県 土木建築部 下水道課 流域班(担当:島袋)

住所:〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号(11階)

電話:098-866-2248

FAX:098-866-2394

メール:aa069001@pref.okinawa.lg.jp (下水道課代表アドレス)

5.質問に対する回答について(9月17日追加)

本調査について、7項目の質問がありました。質問に対する回答は、以下のとおりです。

【質問・回答】西原浄化センター消化ガス有効利用に関するサウンディング型市場調査(PDF:85KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部下水道課流域班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟11階(南側)

電話番号:098-866-2248

FAX番号:098-866-2394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?