• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年8月17日

Q&A(建築)

このページではよくある質問についてお答えします。

 ・開発(都市計画法)はこちらへ

・建築 (建築基準法)

Q1. 建築基準法の道路種別を教えてください。

A1. 当ホームページにて道路マップをご確認いただくか、窓口にて指定道路図を閲覧ください。なお、糸満市の道路マップについては、沖縄県地図情報システムにて公開予定です。また、電話での問い合わせは、間違い等によるトラブル防止のため行っておりません。

 

Q2. 建築確認済証や検査済証の再発行はできますか?

A2. 再発行することはできません。ただし、台帳記載証明書を発行することは可能です。その場合は手数料(県証紙320円が必要となります。

 

Q3. 建築計画概要書はいつのものから閲覧できますか?

A3. 昭和48年から閲覧できます。

 

Q4. 用途地域の確認はできますか?

A4. 沖縄県地図情報システム(外部サイトへリンク)にて閲覧できます。または、各市町村窓口にてご確認ください。

 

Q5. 完成した住宅について問題があり、トラブルになっている場合、どこに相談したらいいですか。

A5. 住まいの総合相談窓口(外部サイトへリンク)(TEL:098-917-2433)に一度ご相談ください。内容によって各機関への案内が受けられます。

 

Q6. 道路斜線や日影規制等の制限はありますか?

A6. 建築基準法規制一覧表をご確認ください。

 

Q7. どうして敷地は接道しなければならないのですか?

A7. 都市計画区域内においては、建築基準法第43条第1項に2m接道義務が規定されています。既存の道路がないところに建築物を建築するためには、接道義務を満たすよう、新たに建築基準法上の道路を築造することが必要になります。また、沖縄県建築基準法施行条例第24条においても規模、用途により接道長さが定められています。

 

Q8. 都市計画区域外における容積率及び建ぺい率はありますか?

A8. 都市計画区域外(旧具志頭エリア、奥武島、周辺離島等)について、建築基準法第3章の規程が適用されませんので、容積率、建ぺい率の制限はありません。なお、接道義務もありません。

Q9. ビニールハウスは建築物ですか?

A9. 一般的な農作物栽培を目的としたビニールハウスは、建築物として取り扱っていませんが、近年よく見受けられる農産物販売等を目的としたビニールハウスは建築物に該当し、建築確認を受ける必要があります。

Q10. プレハブでも建築確認が必要ですか?

A10. プレハブは鉄骨造の建築物ですが、選挙事務所等、短期間設置するプレハブにおいても建築確認は必要です。なお、仮設建築物については建築基準法第85条に規定されており、工事現場内に設ける事務所の建築確認は不要です。

 

Q11. 隣人が境界ぎりぎりまで建築しているが、どこに相談したらいいですか?

A11. 民法おいては、建物は境界線より50cm以上離して建築しなければならないことが規定されています。一方、建築基準法においてこの規定は存在せず、さらに建築確認の審査対象に民法が含まれていません。よって隣地境界線との距離が50cm未満であっても基本的に建築確認はなされます。このようなケースでもし紛争が起きた場合、建築基準法ではなく、民法上において当事者間の問題として扱われる為、弁護士等への相談をおすすめします。

Q12. 数年前に建築確認をとって、今年着工したいが、何か規制がありますか?

A12. 数年前に確認した建築物であっても、今から着工される建築物は、現在までに改正された現行法規に適合させなければなりません。

 

お問い合わせ

土木建築部南部土木事務所建築班

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎7階、8階

電話番号:098-866-1762

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?