• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 土木建築部 北部土木事務所 > 河川海岸班 砂防及び地滑り対策

ここから本文です。

更新日:2022年10月12日

河川海岸班 砂防・地滑り・急傾斜対策

砂防事業は、土石流などによろ自然災害を未然に防止し、安全確保を図ることを目的としています。

本県では、昭和47年に砂防法に基づく砂防事業を行って以来、平成18年3月までに160ヵ所が砂防指定されており、うち141ヶ所は北部管内で指定されています。現在、名護市安和与那川および、外3ヵ所にて対策事業を行っています。

地すべり地域は北部管内に1ヵ所が指定されており、国頭村宜名真地区で対策事業を完了しています。

急傾斜地崩壊危険区域は8ヵ所が指定されており、現在名護市世冨慶地区で対策事業を行っています。

 

世冨慶地区急傾斜地崩壊対策事業(名護市)

事業概要

危険区域 4.4ha
事業年度 令和2年度~令和6年度
全体事業費 300百万円
進捗率 38.6%(R4.3時点)
崩壊土砂防護柵の整備を行うことによって、崩落土砂による災害を防止し、防災体制の強化を行っています。

 

yohuke

宇茂佐地区の景観

 

饒波川通常砂防事業(大宜味村)

事業概要

事業延長 1,460m
事業年度 平成19年度~令和8年度
全体事業費 1,234百万円
進捗率 40%(R4.3時点)

石積護岸による流路工や床固工で土石流対策を行っています。

饒波川の景観
饒波川の景観

安和与那川通常砂防事業(名護市)

事業概要

事業延長 640m
事業年度 平成18年度~令和7年度
全体事業費 1,778百万円
進捗率 78%(R4.3時点)

石積護岸による流路工整備で土石流対策を行っています。

平成24年3月の安和与那川の景観
安和与那川の景観

お問い合わせ

土木建築部北部土木事務所河川海岸班

〒905-0015 沖縄県名護市大南1-13-11 沖縄県北部合同庁舎2階、3階

電話番号:0980-53-1718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?