• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

建築物ができるまで

  

都市計画法に基づ許可、建築基準法に基づく許可、
土地区画整理法に基づく許可、開発許可不要証明手続等
 
建築主事は建築基準法及び関係法令の規定に適合するかどうかを審査し、
適合する場合は建築主に建築確認通知を出します。
 
 開発許可を受けている場合で、建築の工事と同時に開発工事を行う場合は、
承認申請を行う必要があります。 詳細

 

 

対象建築物は、特定工程終了後に中間検査を受け、検査合格後でなければ特定工程後の工事を行うことが出来ません。 >詳細

 

 

 

開発許可を受けている場合は、開発の完了検査を受ける必要があります。


工事完了後4日以内に、完了検査申請を行う必要があります。



検査済証の交付を受けた後、建築物を使用することができます。

 
対象建築物は、1~3年ごとに定期報告が必要です。詳細
 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?