• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年12月26日

金城ダムの文化財と自然環境

金城ダムと文化財

文化財との共存

金城ダムの敷地内には県指定文化財の「ヒジ川橋及び取り付け道路(石畳道)」が横断しており、これを保存するために貯水池を上池と下池の2つに分けています。また、ダムの天端標高もヒジ川橋が水没しないようヒジ川橋と同じ標高にしています。

金城_ヒジ川橋及び取り付け道路

 

ヒジ川橋及び取付道路

「首里城」とその別邸の「識名園」を結ぶ歴史の道で、琉球王朝時代の18世紀後期に建造されたと推定されています。これを保存したことで首里の町並みに調和した特色あるダムとなっています。 金城ダム_ヒジ川石碑
金城ダム_ヒジ川橋1 金城ダム_ヒジ川橋2

 

首里城を意識した石張り堤体

首里城の城壁をイメージしてダムの堤体を琉球石灰岩で石張りしています。

金城_ダム堤体_石張り
金城ダム_堤体 金城ダム_天端道路

金城ダムの自然環境

工事で失われた森林は、積極的に植栽をしています。下池には四季を彩る花木を、上池には沖縄の在来種を植栽しています。

日本で最大の蝶であるオオゴマダラの食草を植えることで、蝶の孵化がみられます。さなぎは金色に輝いてとてもきれいです。

金城_上池の植栽状況

上池の植栽状況

金城_下池の植栽状況

下池の植栽状況

金城_貯水池のようす1

貯水池内は野鳥の餌場となっています。

金城_貯水池のようす2

 

 

関連コンテンツ

 

 

お問い合わせ

土木建築部沖縄県ダム事務所(代表)

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎9階

電話番号:098-869-8291

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?