• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 知事公室 特命推進課 > 知事メッセージ021023

ここから本文です。

更新日:2020年10月27日

~首里城の復旧・復興に向けて~

知事メッセージ

【首里城火災から1年を迎えるにあたって】

  首里城正殿を含む建物8棟の焼損から1年を迎えます。私自身、その当日、韓国出張中でしたが、日程を急遽変更し、沖縄に戻り、首里城へ直行いたしました。現場で焼け落ちた首里城の姿を目の当たりにして、何とも言えぬ衝撃を受け、如何ともし難い喪失感に襲われたことを、この一年、忘れることはありませんでした。
  その一方で、火災発生のその日以降、首里城復興への願い、沖縄や首里城への思い、そして激励の声が、多くの方々から絶え間なく寄せられております。
  例えば、山形県の中学生から寄せられた「沖縄のシンボルの首里城を失ってしまったが、沖縄県民の笑顔も沖縄のシンボルだ。首里城が復活するまで県民の笑顔をなくさないで欲しい。」や、海外の県人から届いた「世界に羽ばたくウチナーンチュの心意気で頑張ろう。」など、多くのお言葉や取組は、大きな勇気、希望となり、首里城復興への強い決意を後押ししてくれました。

  首里城火災から一年を迎えるにあたり、改めて、皆さまのチムグクルに心からお礼を申し上げたいと思います。
  さて、国においては、復元に当たり沖縄県産材料等の調達や、県内に蓄積、承継されている伝統技術の活用を含む「首里城正殿等の復元に向けた工程表」を今年の3月27日に策定し、令和8年の首里城正殿の復元に向け、沖縄県も参画しながら取り組んでいるところです。

  一方、沖縄県では、首里城の復元に留まらず、首里城に象徴される歴史・文化復興の理念を示した「首里城復興の基本的な考え方」を昨年12月26日に策定したところです。
  また、これを踏まえた今後の展開の方針となる「首里城復興基本方針」を有識者等のご意見を踏まえて4月23日に策定し、これに基づく取組も一部開始しております。さらに、来年3月を目途に具体的な取組内容を取りまとめるとともに、これを新たな沖縄振興計画に反映させ、取り組んでいくこととしております。

  また、10月19日現在、沖縄県には33億792万6126円もの寄附金が寄せられております。今後、那覇市等の寄附金も沖縄県に託されることになっており、総額では48億円を超える見込みです。沖縄県では、皆さまの思いをしっかりと受け止め、首里城正殿を始めとした施設等の復元に活用させていただきたいと考えております。
  まずは第一弾の活用として、首里城正殿の主要な木材の調達に充てことで国と協議を整えたところです。今後は、県内の職人の皆さまが継承している伝統技能等を最大限に生かしながら、首里城のシンボルとなる赤瓦の制作・調達や大龍柱等の石彫刻等の復元に活用していくことを考えております。
  このように、首里城焼失からこの一年、多くの県民や国内外の皆さまのご支援、ご協力を受け、首里城復興に取り組んできたところです。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響は、私たちウチナーンチュのシンボルの一つとされた笑顔にも少なからず暗い影を落としております。
  このような中、経済界、各種団体や報道機関等による多くのイベントが開催されております。沖縄県主催のイベントを含めるとその数は、把握できただけで20を超えております。
   例えば、琉球王朝祭り「古式行列」、伝統芸能公演や首里城復興空手演舞会、先端技術を活用したプロジェクションマッピングやVRなど首里城に象徴される歴史・文化に触れるものや、首里城復興を願う思いを形にしようと結集した企業による各種イベント、さらには、報道機関による特集番組の制作など、首里城復興を通して沖縄を元気に、県民を笑顔にする取組となっております。
   このような団体や企業の皆様による自発的な取組は、首里城が沖縄の象徴であることを改めて認識させるものであり、県民の皆さまの力強さを物語っていると感じております。沖縄県では、このような動きを捉えつつ、県民をはじめ国内外の多くの方による首里城復興への活動が連携し合い、継続的に参画できるよう取り組んで参りたいと考えております。
 
 
  来年度以降、首里城の復元に向けた具体的な取組が少しずつ目に見える形で現れてきます。これを踏えつつ、首里城復興を通して、沖縄の歴史・文化を感じ、ふるさとへの誇りや愛着が育まれ、文化の継承につなげる取組を積極的に推進いたします。また、戦争遺跡としても歴史的価値がある首里城を中心とした平和学習環境等を整備して参ります。
  首里城火災については、管理者としての責任を重く受け止め、沖縄県が設置した「首里城火災に係る再発防止検討委員会」での議論を踏まえつつ、このようなことが二度と起こらないよう防火対策の強化及び管理体制を構築いたします。
  引き続き、首里城復興に向け、全身全霊で取り組んでまいります。また、県民はもとより、国内外の多くの皆さまと一体となり、首里城復興を果たしていきたいと願っております。この一年のご支援に改めて感謝申し上げるとともに、今後ともご支援、ご協力をお願い申し上げます。

令和2年10月23日
 沖縄県知事 玉城デニー

 

お問い合わせ

知事公室特命推進課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(北側)

電話番号:098-943-8199

FAX番号:098-866-6076

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?