• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 広報 > 広報業務 > 県政トピック > 県政トピック(平成29年3月) > 屋外鐘楼の鐘 除幕式及び初撞き式(3月22日)

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

屋外鐘楼の鐘 除幕式及び初撞き式(3月22日)

屋外鐘楼の鐘 除幕式

屋外鐘楼の鐘 除幕式

 沖縄県立博物館・美術館では、本年、開館10年の節目を迎えるにあたり、来館者の皆様に沖縄の自然・歴史・文化・芸術について一層の理解を深めていただけるよう、魅力ある展示づくりを実施しています。
 平成29年3月22日(水曜日)、博物館常設展示の一部リニューアルの一環として正面玄関側に新設した屋外鐘楼において、現存する琉球王国時代最古の鐘のひとつである旧大聖禅寺鐘(1456年鋳造)の除幕式及び初撞き式を開催いたしました。
 沖縄の貴重な文化財を博物館・美術館の入口で来館の皆様にご覧いただき、国内で唯一、王国としての歴史を有し、その文化遺産を受け継ぐ沖縄県の歴史・文化を発信いたします。

屋外鐘楼と旧大聖禅寺鐘

屋外鐘楼と旧大聖禅寺鐘

屋外鐘楼 初撞き式

屋外鐘楼 初撞き式

お問い合わせ

文化観光スポーツ部博物館・美術館

〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1

電話番号:098-851-5400

FAX番号:098-863-4315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?