• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 知事公室 広報課 > 沖縄県医療非常事態宣言

ここから本文です。

更新日:2022年8月16日

 沖縄県医療非常事態宣言 (期間:令和4年7月21日~)

 沖縄県内では、6月下旬以降、BA.5への置き換わりとともに、全ての世代で感染が拡大し、人口10万人当たりの新規陽性者数は、7月20日時点で1,636.30人となっております。

 7月20日時点の新型コロナの病床使用率は75.3%(7月6日時点:48.2%)と高く、入院調整が困難となってきております。

 感染の拡大とともに、救急や発熱外来を受診する患者が増加しており、一部の医療機関で一次救急外来を停止したほか、一般診療の外来を制限するなど、発熱外来の診療を行う医療機関においても、訪れる患者全てに対応することが困難な状況となっております。

 このような状況から、県は、医療の厳しい状況を県民の皆様と共有し、医療を守るため、令和4年7月21日に医療非常事態宣言を発出しました。

 県は、重点医療機関等と調整し病床を確保しつつ、入院待機ステーションを拡充するなど医療提供体制の維持に努めるとともに、市町村と連携したワクチン接種の推進など、感染防止対策に努めてまいります。

 全ての県民・事業者の皆様のご協力をお願いします。また、コロナに感染したと疑われるときは、症状に応じて対応してくださるようお願いします(「医療非常事態宣言版 コロナかな?と思ったら」をご確認ください。

sengen0721(PDF:73KB)

 ※ 沖縄県医療非常事態宣言は、終期を設定しておりません。

 

【参考】日々の感染状況

 人口10万人当たりの新規陽性者数は8月5日の2,422.10人をピークに減少傾向にありますが、病床使用率は非常に高い水準で推移しています。

 引き続き、県民・事業者の皆様のご協力をお願いします。

※ 日々の感染状況は、LINE公式アカウント RICCA(沖縄県新型コロナパーソナルサポート)(外部サイトへリンク)でも配信しております。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部感染症総務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(講堂)

電話番号:098-866-2014

FAX番号:098-861-2888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?