• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 知事公室 広報課 > 感染拡大を抑え、医療体制を守り、社会経済活動を継続するための対策期間(沖縄県対処方針)について

ここから本文です。

更新日:2022年6月7日

 title

 令和4年5月27日から6月23日までの沖縄県対処方針はこちら↓

 感染拡大を抑え、医療体制を守り、社会経済活動を継続するための対策期間(令和4年5月25日決定) 

感染拡大を抑え、医療体制を守り、社会経済活動を継続するための対策

【現況】

■  4月中旬以降、感染者数の増加は抑えられていましたが、ゴールデンウィーク期間の後に、再び上昇に転じ、5月14日には人口10万人あたり直近1週間の新規陽性者数は、1,019人となりました。5月12日に「感染拡大を抑制し、社会経済活動を継続するための対策期間」の延長(5月26日まで)以降は、徐々に減少し、5月24日時点で920人となっています。しかし、ゴールデンウィーク期間の前の水準(600人前後)と比べるといまだ高い水準で推移しています。

■  ゴールデンウィーク後の子どもの感染拡大を抑制する取組について5月12日に県民へ呼びかけを行いました。その後、10代の新規陽性者数は減少した一方で、10歳未満では高い水準で推移しており、特に未就学児における感染拡大が懸念されます。

■  重症化リスクの高い70代以上の新規陽性者数は一定の規模で推移しておりますが、高齢者等施設内での療養者は大きく増加しております。一方で重症者数(県基準)は5月中旬以降は減少傾向にあります。

■  妊婦の新規陽性者数が増加しており、3月に約180人、4月に約380人、5月は20日時点で約300人と明らかな増加傾向となっております。

■  病床使用率については、5月3日から急激に上昇し、5月12日時点で本島圏域は57.4%、宮古圏域で66.7%となったため、5月13日にコロナ感染拡大警報を発出し、感染拡大への警戒を強めました。5月23日現在の病床使用率は、本島圏域で52.3%、宮古圏域で31.8%となっており、一定程度改善しているものの、本島圏域で高い水準で推移していることに加え、両圏域で診療制限が行われている状況です。

■  コロナによる救急受診も増加しており、救急外来がひっ迫していることから、救急医療の適正利用を県民へ呼び掛けているところです。

■  また、新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数がいまだ高い水準にあることから、非コロナ病床使用率は90%を超えている状況にあり、一般医療のひっ迫が懸念されております。

【県の方針】

■ 県は感染拡大を抑制し、社会経済活動を継続するためオミクロン株の特徴を踏まえた以下の事を要請する。
①医療体制を守る
②重症化リスクの高い高齢者、妊婦、基礎疾患を有する者へ感染を拡げない
③子どもの感染防止対策に取り組む
④移動・会食に関するリスクを回避する
⑤ワクチン接種の加速を図る

■ 感染拡大により医療のひっ迫が急速に進んだ場合、政府に対し、まん延防止等重点措置指定に準じた強い措置の要請を検討する。
 ※目安:各圏域新規陽性者数7日間合計前週比2倍超の増加
       又は病床使用率:各圏域60%以上(入院者数が増加し入院調整の困難が生じる水準)


■ 医療のひっ迫が懸念される本島圏域及び宮古圏域に、引き続き5月27日から6月9日までコロナ感染拡大警報を発出する。

 

【Q&A】

  感染拡大を抑え、医療体制を守り、社会経済活動を継続するための対策期間(沖縄県対処方針) 

 

【沖縄県対処方針(多言語版)】 

【英訳】(PDF:734KB)

【韓訳】(PDF:736KB)

【西訳】(PDF:612KB)

 

イベントの開催制限等について

 

各種取組について

沖縄県感染防止対策認証制度について

ステッカー

 

県内では、新型コロナウイルス感染症の再拡大の波が繰り返し、県民生活や医療現場、産業経済に深刻な影響を及ぼしています。その観点から県民生活と経済活動の接点となる飲食店等の感染症対策を強化することを目的として、飲食店等における感染防止対策の基準を設け、基準をクリアした店舗に「認証済ステッカー」を付与する認証制度を導入します。

 

 申請はこちらから

各種問い合わせ

内容 

窓口

(電話番号)

受付時間

予防・検査・医療に関するご相談

コールセンター

098-866-2129

24時間対応

対処方針等に関すること

感染症総務課

098-866-2014

平日

9時~17時

沖縄県広域ワクチン接種センター

(広域ワクチン接種の予約等の相談はこちらです。)

1.予約に関すること
コールセンター

098-943-2993

2.その他
ワクチン接種等戦略課

098-866-2013

1.平日・休日

10時~17時

 

2.平日

8時30分~17時

ワクチンに関する医学的知見を必要とするお問合せ

予約に関する相談は受け付けておりません。

沖縄県新型コロナウイルス感染症

ワクチン専門相談コールセンター

098-894-4856

平日・休日

9時~17時

看護師の募集に関すること

(医療現場ほか自宅療養者健康観察センター等の勤務含める)

 ワクチン接種等戦略課 対策支援班

看護師確保チーム

098-894-5122

 平日

9時~17時

時短要請協力金に関すること

(飲食店に対する規模別協力金について)

感染症対策協力金コールセンター

0120-332-107

 (第10期協力金)

受付時間:9時〜12時、13時〜17時(12時~13時は受付を停止させていただきます。)
営業日:平日9時~17時 *土日祝日と年末年始を除く(年末年始=12月29日~1月3日)

大規模施設等に対する協力金に関すること

沖縄県大規模施設等協力金コールセンター

050-5526-3782

平日

9時~17時

おきなわ事業者復活支援金

おきなわ事業者復活支援金事務局コールセンター

098-953-8294

平日

9時~17時

沖縄県感染防止認証制度に関すること

認証制度事務局

050-5526-3041

平日

9時~17時

沖縄県雇用継続助成金

(雇用調整助成金等の上乗せ助成)

グッジョブ相談ステーション

098-941-2044

平日

9時~17時

新型コロナウイルス感染症に関するこころの電話相談

 

精神保健福祉センター

1.098-996-3163

2.098-996-3166

 

9時~11時30分

13時~16時30分

(火・土・日・祝日を除く)

 

新型コロナウイルスの感染経路とその回避策(PDF:367KB)

沖縄県内感染事例集(PDF:2,373KB)

参考:感染の再拡大防止特設サイト(内閣官房)(外部サイトへリンク)

(参考)政府新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和4年3月17日変更)(PDF:770KB)

 

 これまでの沖縄県対処方針について

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部感染症総務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(講堂)

電話番号:098-866-2014

FAX番号:098-861-2888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?