• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 広聴 > ようこそ 知事室へ! > 知事のメッセージ > 「おきなわゆめみらいフェスタ2018」会長あいさつ

ここから本文です。

更新日:2019年1月8日

「おきなわゆめみらいフェスタ2018」会長あいさつ

 はいさい、ぐすーよー、ちゅううがなびら。
 「おきなわゆめみらいフェスタ2018」の開催に当たり、御挨拶申し上げます。

 本日は、御多忙にもかかわらず、法政大学の湯浅誠先生をはじめ、多くの皆様に御参加いただき、心から感謝申し上げます。

 さて、平成28年に沖縄県の子どもの貧困率が29.9%と全国の約2倍、3人に1人が貧困状態にあるという衝撃的な調査結果をが出ました。これを受け、翁長前知事が代表発起人となり、県内各界・各層の企業・団体の御参加のもと、同年6月に沖縄子どもの未来県民会議が設立されました。

 それから約2年半、県民の皆様、企業・団体の皆様からの御厚意により県民会議に対する寄付金が1億円を超え、これまで行き届かなかった子ども達に対する様々な支援を行うことが可能となりました。

 そのひとつとして、児童養護施設等を退所して大学等へ進学する子ども達を対象に入学金と授業料全額を給付する「子どもに寄り添う給付型奨学金事業」は、翁長前知事の強い想いで創設された全国にも例のない取組となっています。
また、115の県民会議構成会員の皆様が協働で子どもの貧困対策に取り組むジョイントプロジェクト助成事業や、沖縄都市モノレール株式会社の御協力により実現した、経済的に厳しい世帯の高校生に対する通学運賃の軽減措置についても、県民運動だからこそ実現できた取組だと理解しております。

 本日のイベントでは、これら県民会議の取組について、支援をする側、支援を受けた側、それぞれの当事者から生の声を御報告いただくほか、長年、貧困や格差の問題に取り組まれている湯浅 誠 法政大学教授の基調講演などを予定しております。
また、子ども達を文化・芸能を通じて応援するという主旨から、県内の子ども達による現代版組踊ステージのほか、有志で集まっていただいた県内31名のアーティストによる応援ミュージックビデオの発表を行うこととしております。

 本日、御参加の皆様におかれましては、本イベントを通して県民会議の取組について御理解いただくとともに、子どもの貧困問題解消に向けたさらなる県民運動に対する御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 沖縄県としましても、将来を担う全ての子どもたちが、その生まれ育った環境に左右されることなく、夢や希望を持って健やかに育ち、豊かな才能を発揮することができる社会をつくりあげるため、「子どもの貧困対策」を県政の最重要政策として掲げ、各種施策を強力に推進してまいります。

 結びに、本日のイベントの開催に御協力いただきます登壇者の皆様やアーティストの皆様、関係者の皆様に対し、深く敬意を表しますとともに、御来場の皆様の益々の御健勝並びに御活躍を祈念申し上げて、挨拶といたします。

 ゆたさるぐとぅ うにげーさびら

 平成30年11月24日
 沖縄子どもの未来県民会議
 会長 玉城 デニー

お問い合わせ

知事公室秘書課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(北側)

電話番号:098-866-2080

FAX番号:098-860-1453

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?