• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 広聴 > ようこそ 知事室へ! > 知事のメッセージ > 「おきなわ技能五輪・アビリンピック2018開会式」あいさつ

ここから本文です。

更新日:2018年11月9日

「おきなわ技能五輪・アビリンピック2018開会式」あいさつ

 はいさい、ぐすーよー ちゅーうがなびら。
 いめんしぇーびりー

 皆さまこんにちは、ようこそおいでくださいました。まずは沖縄県の方言(しまくとぅば)で御挨拶をさせていただきました。

 全国各地から約1,700名の選手が参集し、厚生労働大臣 上野(うえの)政務官、中央職業能力開発協会 釡(かま)会長、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 和田(わだ)理事長をはじめ、多くの関係者の皆様をお迎えして、本日、沖縄県では初開催となる「第56回技能五輪全国大会」及び「第38回全国アビリンピック」合同開会式を迎えることができましたことを、沖縄県民を代表して、心から感謝申し上げます。

 本大会では、「未来への挑戦」というスローガンのもと、大会役員をはじめ多くの関係者とともに、選手の皆様をお迎えする準備を進めて参りました。選手の皆様には、これまで培ってきた技能を存分に発揮され、お互いに切磋琢磨し、入賞目指して一生懸命取り組まれることを期待しております。

 さて、国内で唯一、亜熱帯海洋性気候に属する沖縄県は、美しいサンゴ礁、貴重な野生動植物が生息し、かつては琉球王国として、中国や東南アジア諸国等との交易・交流を通じ、独自の文化を形成してきました。

 沖縄県の持つ地理的優位性は、成長著しい巨大マーケットを有するアジアから近距離にあり、日本の南の玄関口としてアジアとの中継地点となり得るものであり、ものづくり産業をはじめ、新たな産業等の創出・集積を図り、沖縄の地域産業・経済の活性化、ひいては日本経済をけん引するトップランナーとしての役割を担うものと考えております。

 また、沖縄県では、すべての人の尊厳を守り共生する社会をつくるため、守礼の心で、誰一人取り残さない優しい社会の構築を目指してまいります。

 このような中、両大会を本県で開催できますことは、若手技能者の技能向上、ものづくり産業の発展、障害者雇用への理解の促進など、沖縄から全国へ技能の重要性を発信する良い機会になるものと期待しております。

 結びに、本大会の開催にあたりまして、多大な御支援、御協力をいただきました多くの関係者の皆様に感謝を申し上げますと共に、選手の皆様の御健闘を祈念し、挨拶といたします。

 いっぺーにふぇーでーびる(ありがとうございました。)

 平成30年11月2日
 沖縄県知事 玉城 デニー

お問い合わせ

知事公室秘書課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(北側)

電話番号:098-866-2080

FAX番号:098-860-1453

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?