• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 基地 > 普天間問題 > 知事公室辺野古新基地建設問題対策課

ここから本文です。

更新日:2019年4月5日

知事公室辺野古新基地建設問題対策課                                             ⇒English

新着情報

審査請求に関する国土交通大臣の裁決について
 平成31年4月5日、沖縄県は、埋立承認取消しに対する審査請求に関する国土交通大臣の裁決を受けて、知事コメントを発表しました。
知事コメント(PDF:48KB)

新たな区域への土砂投入についての知事コメント
 
平成31年3月25日、沖縄県は、新たな区域への土砂投入についての知事コメントを発表しました。
知事コメント(PDF:61KB)

違法な国の関与の取消訴訟の提起について
 
平成31年3月22日、沖縄県は、違法な国の関与の取消訴訟に係る訴状を提出しました。
訴状(PDF:859KB)
知事コメント(PDF:61KB)

沖縄防衛局の反論書に対する県の意見書の提出について
 平成31日3月15日、沖縄県は国土交通省の審理員あて、沖縄防衛局が国土交通大臣に行った審査請求において同局が提出した反論書に対して、意見書を提出しました。
意見書(PDF:497KB)
意見書別紙(PDF:815KB)

沖縄防衛局の反論書に対する県の意見書の提出について
 平成31日3月4日、沖縄県は国土交通省の審理員あて、沖縄防衛局が国土交通大臣に行った審査請求において同局が提出した反論書に対して、「固有の資格」に係る意見書を提出しました。
意見書(PDF:241KB)

普天間飛行場5年以内運用停止の期限を迎えたことについて
 平成31年2月28日、普天間飛行場の5年以内運用停止に係る知事コメントを公表いたします。

 知事コメント(PDF:52KB)

沖縄防衛局の反論書に対する県の意見書の提出について
 平成31日2月20日、沖縄県は国土交通省の審理員あて、沖縄防衛局が国土交通大臣に行った審査請求において同局が提出した反論書に対して、意見書を提出しました。
意見書(PDF:549KB)
意見書別紙(PDF:863KB)

差止訴訟に係る上告受理申立て理由書について
 
平成31年2月8日、沖縄県は、岩礁破砕等行為差止訴訟に係る上告受理申立て理由書を提出しました。
上告受理申立て理由書(PDF:503KB)

埋立土砂の性状の重大な疑義に関する知事名及び土木建築部長名文書の発出について
 
平成31年1月25日、沖縄県は、沖縄防衛局に対し、上記の文書2件を発出しました。
知事名文書(PDF:425KB)
土木建築部長名文書(PDF:1,161KB)

公有水面埋立承認取消通知書の英訳について
沖縄県が平成30年8月31日に沖縄防衛局に発出した、公有水面埋立承認取消通知書の英訳を掲載します。

Summary(PDF:56KB)

Notice of Revocation of Approval for Reclamation of Public Waters(PDF:54KB)

Appendix(PDF:296KB)

国地方係争処理委員会あて発出した意見書について
 平成31年1月18日、沖縄県は国地方係争処理委員会あて、国土交通大臣の主張(平成30年12月27日付け)に対する意見書を発出しました。
意見書(PDF:372KB)

埋立土砂の性状に関する疑義への説明等を求める文書の発出について
 
平成31年1月11日、沖縄県は、沖縄防衛局に対し、上記の文書を発出しました。
H31.1.11土木建築部長名文書(PDF:255KB)

国地方係争処理委員会に対する上申書について
 平成30年12月27日、沖縄県は、国地方係争処理委員会からの照会(平成30年12月17日付け)に対して、上申書を発出しました。
上申書(PDF:7KB)

土砂投入の即時中止等を求める知事名文書及び埋立土砂の性状の重大な疑義に関する土木建築部長名文書の発出について
 平成30年12月21日、沖縄県は、沖縄防衛局に対し、上記の文書2件を発出しました。
知事名文書(PDF:59KB)
土木建築部長名文書(PDF:62KB)


差止訴訟控訴審判決に対する上告受理申立てについて
 平成30年12月19日、沖縄県は、岩礁破砕等行為差止訴訟の控訴審判決に対して、上告受理申立てを行いました。
上告受理申立書(PDF:124KB)

土砂投入についての知事コメント
 
平成30年12月14日、県は、土砂投入について記者会見を行い、知事コメントを発表しました。
知事コメント(PDF:67KB)

普天間飛行場代替施設建設事業に係る工事の中止を求める文書の発出について
 平成30年12月12日、県は、沖縄防衛局長あて、工事の中止を強く求める指導文書を発出しました。
指導文書(PDF:125KB)

差止訴訟控訴審判決について
 
平成30年12月5日、岩礁破砕等行為差止訴訟の控訴審について、福岡高等裁判所那覇支部から判決言渡しがありました。
判決文(PDF:776KB)
知事コメント(PDF:61KB)


審査申出書の提出について
 
平成30年11月29日、沖縄県は、国土交通大臣が行った執行停止決定を不服として、国地方係争処理委員会に審査申出書を提出しました。
審査申出書(PDF:497KB)
知事コメント(PDF:63KB)

弁明書の提出について
 
平成30年11月19日、沖縄県は、沖縄防衛局長が国土交通大臣に対して行った審査請求について、弁明書を提出しました。
弁明書本文(PDF:96KB)
別紙1:適格を欠いた不適法な審査請求であることについて(PDF:361KB)
別紙2:本件承認取消処分が適法であること(PDF:923KB)

執行停止決定の取消し要求及び審査の申出の事前通知について
 平成30年11月9日、沖縄県は、国土交通大臣に対して、地方自治法第250条の13第7項の規定に基づき、執行停止決定の取消し要求及び審査の申出の事前通知を発出しました。
通知文(PDF:69KB)

執行停止決定に係る知事記者会見について
 平成30年10月30日、玉城知事は、国土交通大臣が行った執行停止決定についての会見を行いました。
知事コメント(PDF:64KB)

意見書の提出について
 平成30年10月24日、沖縄県は、沖縄防衛局長が国土交通大臣に対して行った執行停止の申立てについて、意見書を提出しました。
意見書本文(PDF:19KB)
別紙1:申立適格を欠いた不適法な執行停止申立てであることについて(PDF:81KB)
別紙2:「重大な損害を避けるために緊急の必要性があると認めるとき」等の執行停止の要件が認められないこと(PDF:113KB)
別紙3:本件承認取消処分が適法であること(PDF:496KB)


沖縄防衛局長が国土交通大臣に行った審査請求及び執行停止の申立てについて
 平成30年10月17日、玉城知事は、沖縄防衛局が埋立承認の取消しは違法であるとして国土交通大臣に対して行った審査請求及び執行停止の申立てについての会見を行いました。
知事コメント(PDF:68KB)


公有水面埋立承認取消通知書の発出について
 平成30年8月31日、沖縄防衛局に対し、公有水面埋立承認取消通知書を発出しました。
公有水面埋立承認取消通知書(PDF:430KB)
副知事記者会見コメント(PDF:58KB)

差止訴訟控訴審に係る準備書面の提出について
  平成30年8月24日、沖縄県は、差止訴訟控訴審に係る第1準備書面を福岡高等裁判所那覇支部に提出しました。
第1準備書面(PDF:197KB)

聴聞等変更申出に係る回答文の発出について

 平成30年8月6日、沖縄防衛局から提出された聴聞等変更申出書に対する回答文を発出しました。
聴聞等変更申出について(回答)(PDF:207KB)

 

聴聞通知書の発出について
 平成30年7月31日、普天間飛行場代替施設建設事業に対する公有水面埋立承認の取消(撤回)処分に係る聴聞通知書を沖縄防衛局に発出しました。
聴聞通知書(PDF:922KB)
「不利益処分の原因となる事実」概要版(PDF:277KB)

聴聞手続きに関する関係部局長への指示に係る知事記者会見について
 平成30年7月27日、翁長知事は、辺野古新基地建設に係る公有水面埋立承認の撤回に向けて、沖縄防衛局への聴聞の手続きに入るよう、関係部局長に指示をしたことを表明しました。
知事コメント(PDF:59KB)


差止訴訟控訴審の第1回口頭弁論について

 
平成30年7月4日、福岡高等裁判所那覇支部において、差止訴訟控訴審の第1回口頭弁論が開かれ、沖縄県の訴訟代理人が意見陳述を行いました。
意見陳述(PDF:268KB)

 『辺野古・大浦湾シンポジウム~沖縄の財産、世界の宝を未来に~』の講演内容などについて

 沖縄県は、平成30年3月24日、辺野古・大浦湾の貴重性について多くの方の認識を深めることを目的に「辺野古・大浦湾シンポジウム」を開催しました。
 国内外の専門家、また、大浦湾の生物や自然について研究や保全等の取組をされてきた方々により、海洋保護、辺野古・大浦湾の貴重性について認識を深めるための基調講演やパネルディスカッションが行われました。
 今回、シンポジウムの概要報告書や動画を下記の通り案内しますので、世界的に貴重な辺野古・大浦湾の海域を守るため、ぜひ、下記内容を多くのみなさまにご共有していただきたいと思います。

シンポジウムの概要報告書
辺野古・大浦湾シンポジウム 概要報告書(PDF:5,021KB)

シンポジウム当日配布資料(PDF:5,021KB)

シンポジウムの動画(動画は外部サイトへリンク)
翁長知事あいさつ 

基調講演 フランソワ・シマール(英語) → ※ 通訳音声

講演 吉田正人 

情報提供_細川太郎

情報提供_安部真理子

パネルディスカッション1

パネルディスカッション2

パネルディスカッション3、声明、閉会挨拶

 

控訴理由書の提出について

平成30年5月14日 沖縄県は、差止請求及び確認請求について、福岡高等裁判所那覇支部に控訴理由書を提出しました。新着
控訴理由書(PDF:415KB)
控訴理由書骨子(PDF:51KB)
控訴理由書要旨(PDF:328KB)

 

 

沖縄ジュゴン訴訟に関する利害関係者としての協議の要請について

米国での沖縄ジュゴン訴訟に関連して米国国家歴史保存法(NHPA)に基づく行政手続として、沖縄県が利害関係者として協議を行うことを求める別添の要請文を、本日、米国国防長官ほか3名あてに送付しました。

沖縄ジュゴンの保護についての協議の要請文(和訳)(PDF:94KB)

沖縄ジュゴンの保護についての協議の要請文(英文)(PDF:371KB)

 

「辺野古・大浦湾の貴重な自然を守るための声明文」の日本政府への送付について

去る3月24日、科学的観点から見た辺野古・大浦湾の貴重性について県民等の認識を深めることを目的に、県主催で「辺野古・大浦湾シンポジウム」を開催し、多くの県民の皆様にご参加いただきました。
世界的にも貴重な海域である辺野古・大浦湾一帯を守るため、シンポジウムにおいて声明文が採択され、県は3月30日に日本政府へ同声明文を送付しました。

声明文に添付した鏡文(PDF:801KB)

シンポジウムで採択した声明文(PDF:64KB)

シンポジウム資料(PDF:4,565KB)

  

平成30年3月23日 沖縄県は、差止訴訟及び確認訴訟について、那覇地方裁判所の判決を不服として控訴を提起しました。
控訴状(PDF:394KB) 

 平成30年3月13日 差止訴訟及び確認訴訟について、那覇地方裁判所から判決の言い渡しがありました。
判決を受けた知事コメント(PDF:9KB)
判決書(PDF:2,046KB)
判決骨子(PDF:18KB)
判決要旨(PDF:207KB)
仮処分決定書(PDF:1,274KB)

 

 

 平成30年3月24日に『辺野古・大浦湾シンポジウム~沖縄の財産、世界の宝を未来に~』を開催いたします。詳細はこちらのページをご覧ください。

  『辺野古・大浦湾シンポジウム~沖縄の財産、世界の宝を未来に~』の開催について                                

 平成29年12月7日 沖縄県は、差止訴訟について原告第6準備書面、原告第7準備書面及び原告第8準備書面を提出しました。
原告第6準備書面(PDF:257KB)
原告第7準備書面(PDF:171KB)
原告第8準備書面(PDF:185KB)

  平成29年11月14日 差止訴訟及び確認訴訟の第2回口頭弁論において、沖縄県の訴訟代理人が意見陳述を行いました。
弁論要旨(PDF:237KB)

 平成29年11月2日 沖縄県は、差止訴訟について、公法上の義務の確認請求を追加する「訴えの変更申立書」を那覇地方裁判所に提出するとともに、求釈明申立書を併せて提出しました。
訴えの変更申立書(PDF:628KB)
求釈明申立書(PDF:149KB)

 平成29年10月30日 沖縄県は、差止訴訟について原告第3準備書面、原告第4準備書面及び原告第5準備書面を提出しました。
 原告第3準備書面(PDF:477KB)
 原告第4準備書面(PDF:280KB)
 原告第5準備書面(PDF:182KB)

 平成29年10月10日 那覇地方裁判所で差止訴訟にかかる第1回口頭弁論が開かれ、翁長知事及び代理人弁護士が意見陳述を行いました。
 知事意見陳述(PDF:104KB)
 代理人意見陳述(漁業権)(PDF:94KB)
 代理人意見陳述(法律上の争訟性・履行請求権)(PDF:110KB)

 平成29年10月3日 沖縄県は、差止訴訟について那覇地方裁判所に原告第2準備書面を提出しました。
 原告第2準備書面(PDF:228KB)

 平成29年9月28日 沖縄県は、差止訴訟について那覇地方裁判所に原告第1準備書面を提出しました。
 原告第1準備書面(PDF:169KB)

 平成29年9月26日 沖縄県は、差止訴訟について那覇地方裁判所に意見書及び求釈明申立書を提出しました。
 意見書(PDF:143KB)
 求釈明申立書(PDF:137KB)

 平成29年8月29日 沖縄県は、「普天間飛行場代替施設建設事業に係る岩礁破砕等行為の差止請求事件」について、那覇地方裁判所に求釈明申立書を提出しました。
求釈明申立書(PDF:204KB)

  平成29年7月24日 沖縄県は、「普天間飛行場代替施設建設事業に係る岩礁破砕等行為の差止請求事件」について、那覇地方裁判所に訴えを提起するとともに、沖縄県知事の許可を受けることなく岩礁破砕等行為をしてはならないとの仮処分命令を求める申立てを行いました。
臨時記者会見知事読み上げ文(PDF:57KB)
訴状概要(PDF:20KB)
訴状(PDF:797KB)
仮処分命令申立書(PDF:810KB)

 

 平成29年4月20日 日米両政府に辺野古新基地建設の断念を働きかけて頂くことを要望するため、自然保護関係団体(8団体)あてに知事書簡を送付しました。
IUCN (PDF:62KB)
IUCN 和訳(PDF:180KB) 

IUCN Washington D.C Office(PDF:63KB)
IUCNワシントン事務所 和訳(PDF:181KB)

IUCN日本委員会(PDF:34KB)

UNESCO(PDF:59KB) 
UNESCO 和訳(PDF:176KB)

日本ユネスコ連盟協会(PDF:34KB)
 
WWF(PDF:60KB)
WWF和訳(PDF:175KB)

WWFジャパン(PDF:34KB)

日本自然保護協会(PDF:33KB)

送付先団体(8団体)(PDF:17KB)
Send List(8 organizations)(PDF:10KB)

 

平成29年4月21日 普天間飛行場における離着陸回数調査について、下記のとおり報告をまとめました。
普天間飛行場における離着陸回数調査について(PDF:538KB) 

 

その他情報、知事発言等はこちら⇛
 

 知事知事の発言等

平成29年7月24日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(差止訴訟の提起等について)
知事読み上げ文(PDF:57KB)

平成28年1月19日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(訴えの提起の決定について)
知事読み上げ文(PDF:41KB)

平成27年12月25日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(訴えの提起等について)
知事読み上げ文(PDF:52KB)

平成27年12月2日 第1回口頭弁論における知事の冒頭意見陳述を掲載します。
知事の冒頭意見陳述(PDF:144KB)
知事の陳述書(冒頭意見陳述とは異なります。)(PDF:373KB)

平成27年11月17日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(代執行訴訟の提起を受けて、他について)
知事読み上げ文(PDF:86KB)
【動画】会見の模様(外部サイトへリンク)

平成27年11月13日 11月6日に送付した公開質問状に対し、国土交通大臣から回答がありました。質問状と併せて掲載します。
公開質問状に対する回答(PDF:53KB) 公開質問状(PDF:79KB)
【動画】会見の様子(外部サイトへリンク)

 平成27年11月11日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(是正指示の拒否について)
知事読み上げ文(PDF:46KB)

平成27年11月9日 151の国や地域の大使等に対し、翁長知事が国連人権理事会で行った声明文等を送付しました。

平成27年11月6日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(是正勧告の拒否等について)
知事読み上げ文(PDF:53KB)

平成27年11月2日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(国地方係争処理委員会への審査申出について)
知事読み上げ文(PDF:59KB)
審査申出書(PDF:199KB)
【動画】会見の模様(外部サイトへリンク)

平成27年10月14日 埋立承認取消に対して審査請求が行われたことについて、翁長知事がコメントを公表しました。(PDF:50KB)

平成27年10月13日 翁長知事が臨時記者会見を開きました。(普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立承認の取消しについて)
・知事読み上げ文(PDF:47KB)
・公有水面埋立承認取消通知書(PDF:1,022KB)
【動画】会見の模様(外部サイトへリンク)

平成27年9月24日 翁長知事が外国特派員協会で講演を行いました。
知事講演メモ(PDF:121KB)

平成27年9月21日 翁長知事が国連人権理事会総会で声明を発表しました。(PDF:63KB)

 平成27年9月21日 翁長知事が国連欧州本部で開かれたサイドイベントで講演しました。(PDF:121KB)

その他情報、知事発言等はこちら⇛

辺野古新基地建設問題について

 シュワブ

・沖縄の米軍基地

 沖縄は、太平洋戦争では住民を巻き込んだ地上戦の場となり、戦後、サンフランシスコ講和条約により、奄美、小笠原とともに日本本土から切り離され、米軍の軍政下に置かれていました。
 1950年代、日本本土で米軍基地に対する反発が強まると、軍政下の沖縄に多くの米国海兵隊が移駐してきました。沖縄では、これらの部隊を受け入れるため土地の新規接収が強行され、沖縄の米軍基地は急速に拡大することになります。
 1972年に日本復帰を果たしましたが、日本の国土面積の0.6%に過ぎない沖縄県には、在日米軍専用施設の約74%が集中し、県民は過重な基地負担を背負い続けています。

・普天間飛行場

 米軍普天間飛行場は、人口密集地域のど真ん中に位置しています。滑走路周辺の安全確保のために必要とされるクリアゾーンが設けられておらず、世界一危険な飛行場とも言われています。
 学校や病院その他公的機関、そして多くの民家が空港を取り囲むように周辺に広がっており、近隣住民は日常的な騒音や   航空機事故の危険性と隣り合わせの生活を強いられています。
 2004年8月には、普天間飛行場に隣接する沖縄国際大学構内にCH-53Dヘリコプターが墜落する事故が発生しました。

・辺野古への新基地建設計画

 政府は、名護市辺野古崎地区及びこれに隣接する水域を埋め立てて普天間飛行場の代替施設を建設することを計画しています。
 豊かな自然環境を有する海を埋め立て、現在の普天間飛行場にはない機能を備える移設計画について、沖縄県民の理解は得られていません。

・日本の安全保障は国民全体で議論を

 戦後70年間、沖縄は多くの米軍基地を負担し、日本の安全保障に貢献してきましたが、人口増加と経済成長が続く中で、米軍基地は沖縄発展の阻害要因となっています。
 普天間飛行場が世界一危険だから、老朽化したからといって、今後も国土面積のわずか0.6%の沖縄に、米軍専用施設を集中させ続けることは不可能な状態にあります。
 沖縄県としては、日本の安全保障は日本国民全体で考えるべきものであることから、普天間飛行場を閉鎖し、県外に移設することを求めています。

よくある質問

関連資料

関係機関

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知事公室辺野古新基地建設問題対策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(北側)

電話番号:098-866-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?