• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 防災 > 弾道ミサイルが飛来する可能性があるときの行動について

ここから本文です。

更新日:2022年5月13日

弾道ミサイルが飛来する可能性があるときの行動について

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合は、Jアラートを通じて緊急情報が流れます。

1 屋外スピーカーなどから国民保護サイレンとメッセージが流れます。

2 携帯電話やスマートフォンに緊急速報メールなどが届きます。
      緊急速報メールなどはお使いのキャリア(au、docomo、Softbank、楽天モバイル)のHPで設定方法をご確認ください。
      → au(外部サイトへリンク) 
      → NTTドコモ(外部サイトへリンク)
      → Softbank(外部サイトへリンク) 
      → 楽天モバイル(外部サイトへリンク) 

3 屋外にいる場合(爆風や破片などを避ける)
      
緊近くの建物の中(できればコンクリート造りの建物)または地下へ

屋外
      
 3 屋外にいる場合(爆風や破片などを避ける)
 
     窓から離れるまたは窓がない部屋へ

屋内

よくあるご意見と回答(内閣官房リーフレットより抜粋)

Q1 Jアラートが流れた後に避難を始めても手遅れでしょう?

A  避難行動にかけれらる時間は限られたものですが、それでも、近くの建物の中や地下へ避難する、物陰に身を隠すなど、わずかな時間でできることはあります。

Q2 近所には、丈夫な建物も地下もなく、避難できるところがありません。

A 横(水平)方向に広がる爆風や飛散する破片等に対して身体の衝突面を極力減らすことが重要なので、木造住宅へ避難するだけでも、避難行動をとらない場合と比べて被害を軽減できる可能性が高まります。

Q3 避難したところで、弾道ミサイルが直撃したら何をやっても無意味では?

A  弾道ミサイルによる被害の程度は、その威力などによりさまざまであり一概には言えませんが、適切な避難行動をとることで、避難行動をとらない場合と比べて被害を軽減できる可能性を高めることができます。

関連リンク

弾道ミサイル落下時の行動 - 内閣官房 国民保護ポータルサイト (kokuminhogo.go.jp)

弾道ミサイル落下時の行動について(PDF) (kokuminhogo.go.jp) 

子ども向け(PDF) (kokuminhogo.go.jp)

避難行動の必要性をより深く理解いただくために(PDF) (kokuminhogo.go.jp)

避難施設一覧(外部サイトへリンク) 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知事公室防災危機管理課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟5階(南側)

電話番号:098-866-2143

FAX番号:098-866-3204

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?