• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 観光 > 統計・データ・その他刊行物等 > 観光客数 > 入域観光客数 > 平成22年11月入域観光客統計概況(平成22年12月15日発表)(数値データファイルを一番下に添付しています。)

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

平成22年11月入域観光客統計概況(平成22年12月15日発表)(数値データファイルを一番下に添付しています。)

                                                                                                     
  平成22年(2010年)    
  入域観光客統計概況    
  11月    
         
  11月の観光客数は、43万900人。
対前年同月比 +4,600人、+1.1%
~10ヶ月連続で前年同月実績を上回った。~
 
   
   
   
   
     
    国内外別入域状況    
 
  区分 入域観光客数(うち特例上陸者数) 前年同月比(人) 前年同月比(%) 対H20年同月比  
  国内客 422,500 11,200 2.7% 9.6%  
  外国客 8,400(400) 6,600 44.0% 53.8%  
  合計 430,900 4,600 1.1% 11.2%  
 
    地域別入域状況(国内)    
 
  区分 入域観光客数 前年同月比(人) 前年同月比(%) 国内客構成比(%) 対H20年同月比  
  東京 212,000 5,500 2.7% 50.2% 7.7%    
  関西方面 73,000 3,800 5.5% 17.3% 7.0%      
  福岡方面 57,800 1,000 1.8% 13.7% 6.9%      
  名古屋 34,100 1,000 3.0% 8.1% 23.4%      
                               
    国籍別入域状況(海外)                              
 
  区分 外国人観光客数 前年同月比(人) 前年同月比(%) 外国客構成比(%) 対H20年同月比  
  台湾 3,200 600 15.8% 38.1% 25.6%  
  韓国 1,400 600 75.0% 16.7% 75.0%  
  中国本土 100   -   - 1.2% 87.5%  
  香港 2,100 500 31.3% 25.0%   0.0%  
  アメリカ 300 1,400 82.4% 3.6% 85.0%  
  イギリス(本国) 200 - - 2.4% -  
  ※イギリス・フランスは、平成22年4月から集計を始めた。            
  ※外国人観光客数の(括弧)内の数値は、特例上陸者数の数値。なお、数値は内数である。    
     
    概況と見通し    
  【国内】  
  ● 11月は、昨年同時期に景気低迷や新型インフルエンザの影響により手控えられていた旅行需要が、回復傾向で推移したことから前年同月実績を上回った。
● 12月は、提供座席数が昨年よりも減少していることから、弱い動きが続くものと見られる。1月も羽田空港の国際化や円高傾向に伴う海外旅行人気等から伸び悩む見通し。2月以降は、県内で予定されているイベントやプロ野球キャンプによる送客増加が期待される。
 
   
   
   
   
     
  【海外】  
  ● 航空定期便の増便等から空路客は前年同月実績並みだったが、昨年2回寄港した大型クルーズ船の寄港がなく海路客が大きく減少したため、外国客総数としては前年同月実績を下回った。
● 12月は、航空定期便の増便により空路客は増加、クルーズ船の寄港がないため海路客は減少する見通しであることから、外国客総数としては前年同月実績並みになるものと見られる。1、2月は、釜山や台湾、北京発のチャーター便が予定されているため順調な推移が見込まれる。
 
   
   
   
   
   
     
     
    各方面ごとの概況と見通し      
     
  東京  
  ● 修学旅行など団体旅行については堅調に推移し、個人旅行についても前年並みに推移したことから、前年同月実績を上回った。
● 年末年始の動きが弱いものの前年同時期の減少が大きかったため、前年同月実績を上回って推移する見込み。1月以降は、旅行社各社の予約状況から堅調に推移するものと見られる。
 
   
   
   
   
  大阪  
  ● 昨年の減少幅が大きかったことの反動や修学旅行の好調な推移、神戸路線の廃止により伊丹空港の利用が促進されたこと等から、前年同月実績を上回った。
● 今後、航空定期便の運休・減便の影響を受けること、例年冬場の市場を牽引するシニア層の動きが低調であること等から厳しい状況が続くものと見られる。
 
   
   
   
   
  福岡  
  ● 航空定期便の減便や運休の影響により提供座席数は減少しているものの、景気低迷や新型インフルエンザによって大きく減少した前年よりも旅行需要は回復傾向にあったため、前年同月実績を上回った。
● 12月、1月は、旅行会社各社の予約状況から前年同月実績並みの推移が見込まれる。航空定期便の減便・運休、北九州路線の運休等から弱い動きは続くものと見られる。
 
   
   
   
   
  名古屋  
  ● 航空路線の減便や機材縮小による提供座席数の減少がマイナス要因として作用したものの、修学旅行など団体旅行が堅調に推移したことから、前年同月実績を上回った。
● 12月は、引き続き提供座席数の減少により前年並みとなる見通し。1月以降は、減便や旅行料金の値上げ等から厳しい状況が続くものと見られる。
 
   
   
   
   
  台湾  
  ● 航空会社によるキャンペーンにより個人旅行者は堅調に推移したものの、11月から航空定期便が減便されたことから前年同月実績を下回った。
● 12月、1月はオフシーズンとなること、円高の影響から送客は伸び悩むが、大型のインセンティブツアーがあることからほぼ前年並みに推移するものと見られる。旧正月連休にはチャーター便が複数予定されており、堅調に推移するものと見られる。
 
   
   
   
   
  韓国  
  ● 11月から航空定期便の運航回数が週3便から週5便となり、昨年同時期よりも週2便多くなったことから、前年同月実績を上回った。
● 12月からは冬場の旅行シーズンとなり送客増加が見込まれる。1月には釜山からのプログラムチャーターが予定されていること、2月もインセンティブツアーが数件予定されていること等から順調に推移するものと見られる。
 
   
   
   
   
  中国本土  
  ● 前年同月実績が少なかったため、尖閣諸島問題後の11月においても前年同月実績並みとなった。
● 今後も個人旅行や小規模な団体旅行が予定されており、ほぼ前年実績並みに推移するものと見られる。旧正月連休はチャーター便の予定もあることから堅調に推移する見込み。
 
   
   
   
  香港  
  ● 11月は、季節チャーター便に一部キャンセルがあり伸び悩んだものの、航空定期便が昨年11月よりも多い運航状況であったため前年同月実績を上回った。
● 12月は、香港ドラゴン航空の定期便化、年末年始の旅行需要増加等から堅調に推移するものと見られる。1月、2月は、需要に応じて香港航空による運航も予定されていることから順調な推移が見込まれる。
 
   
   
   
   
 
    1月のトピックス      
 
  中旬 下旬  
  美ら島オキナワCenturyRun2011
1月16日(土)
桜まつり(本部・今帰仁・名護・八重瀬)
1月下旬から2月上旬にかけて開催
 
   
   
  担当:観光企画課 宮良(ミヤラ) TEL:098-866-2763  
                                                                                                     

H22-11gaikyou.pdf(PDF:536KB)
↑印刷用(9ページ)

H22-11geppou.xls(エクセル:135KB)
↑グラフ等はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部観光政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2763

FAX番号:098-866-2767

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?