沖縄県病害虫防除技術センター
HOME お知らせ 組織図・業務 Q&A 交通案内 サイトマップ
HOME雄除去法の原理
ミカンコミバエ侵入防止事業

雄除去法の原理


ミカンコミバエを根絶させるオス除去法とは

 ミカンコミバエのオス成虫を誘引する香料の一種であるメチルユージノールと殺虫剤を混ぜ、誘殺テックス板(木材繊維板)や誘殺綿棒(円筒状脱脂綿)に染み込ませて野外にばらまき、これでオスを大量に誘殺してメスがオスと出会う機会を減らす方法です。
 この方法を繰り返すことによって、子世代、孫世代・・・・・・、とミカンコミバエの個体数をどんどん減らしてゆき、最後にハエを根絶させるものです。
 根絶はトラップに成虫が誘殺されないこと、また、野外から採集した寄主果実に寄生がないことをもって確認します。

雄除去法