沖縄県病害虫防除技術センター
HOME お知らせ 組織図・業務 Q&A 交通案内 サイトマップ
ウリミバエの侵入防止事業

蛹(サナギ)飼育


大量増殖施設2階
 蛹化(ようか)室は幼虫を蛹化させるための部屋で、蛹化バット5,400箱を収納することができます。蛹化バット1箱には10リットルのバーミキュライトが入っていて、その中へ4万匹の幼虫を入れ蛹化させます。蛹化室の温度は25℃、湿度は60%に保たれています。蛹化後5・6日目にバーミキュライトと蛹をふるい分けし、蛹は計量し保存棚に入れて蛹室に保存します。蛹室は4部屋あり温度は20〜27℃に調節して放飼日に合わせて発育をコントロールしています。湿度は80%を保っています。※サナギになること
蛹飼育