沖縄県病害虫防除技術センター
HOME お知らせ 組織図・業務 Q&A 交通案内 サイトマップ
HOME不妊虫放飼法の原理
ウリミバエの侵入防止事業

不妊虫放飼法の原理 −虫を放して虫を滅ぼす不妊虫放飼法の原理とは−


 ウリミバ工を根絶するためには「不妊虫放飼法」という自然の繁殖本能を利用した技術を用います。
 まず人工的にウリミバ工を飼育・増殖して、大量のサナギを生産します。このサナギに放射性物質コバルト60から出るガンマ線を照射することでオス成虫の精巣のみに異常を起こさせます(不妊化)。メス成虫は卵巣を破壊します。こうして作られた不妊虫を野生虫より多数野外に放つと、野生虫のメスは不妊虫のオスと交尾し、野生虫のオスとメス間で交尾する機会が減少します。また不妊虫と交尾した野生虫が産む卵はふ化しないので、次世代は育ちません。さらに、大量の不妊虫を継続的に繰り返し放ち続けると、野生虫間で交尾する機会はますます減少し、正常に繁殖できる子孫は次第に減り、最終的には根絶に至ります。
 根絶はトラップに成虫が誘殺されないこと、また、野外から採集した寄主果実に寄生がないことをもって確認します。
不妊虫放飼法モデル