沖縄県におけるがん検診の各種データ

ページ番号1021518  更新日 2024年2月8日

印刷大きな文字で印刷

がん検診の受診率(一次検診・精密検査)

一次検診の受診率(国民生活基礎調査)

グラフ:胃がん検診の受診率の推移

グラフ:大腸7がん検診の受診率の推移

グラフ:肺がん検診の受診率の推移

グラフ:乳がん検受診診の率の推移

グラフ:子宮頸がん検診の受診率の推移


対象:無作為抽出調査の回答者

(※)国の指針に定める各がん検診の受診間隔

  • 大腸・肺…1年に1回
  • 乳・子宮頸…2年に1回

平成27年まで…1年に1回(40歳以上)
平成28年から…2年に1回(50歳以上)
(当分の間、胃X線検査は40歳以上、年1回受診も可としていることから、過去1年・2年の値を併記しています)

(出典)厚生労働省「国民生活基礎調査」から国立がん研究センター算出
※詳しくは以下のリンクをご参照ください。

精密検査の受診率(地域保健・健康増進事業報告) ※市町村住民検診受診者のみ

グラフ:胃がん検診 精密検査受診率

グラフ:大腸がん検診 精密検査受診率

グラフ:肺がん検診 精密検査受診率

グラフ:乳がん検診 精密検査受診率

グラフ:子宮頸がん検診 精密検査受診率


対象:市町村の住民検診受診者

(一次検診の要精検者のうち翌年度までに精密検査を受診した割合)

(注)一部のがんで指針改正に伴う検診対象の変更があり、変更前後での比較はできません。

胃がん

(平成27年まで)40-74歳
(平成28年から)50-74歳

乳がん

(平成27年まで)マンモ単独+マンモ視触診併用の合計
(平成28年から)マンモグラフィ

(出典)厚生労働省「地域保健・健康増進事業報告」から県算出
※詳しくは以下のリンクをご参照ください。

がん検診精度管理調査等結果(受診率・プロセス指標)

がん検診精度管理調査等結果(市町村ごとの受診率・プロセス指標)

がん検診においては、精度管理が適切に行われなければ効果は得られないと考えられています。その点から、がん検診の精度管理はきわめて重要です。この調査等は、国立研究開発法人国立がん研究センター及び沖縄県保健医療部健康長寿課が、当県でがん検診を行っている全市町村及び検診機関に対して、精度管理が適切に行われているかどうかを知る目的で行ったものです。なお、職域検診や人間ドックはこの調査の対象外です。

※評価C以下のがん検診のある市町村及び検診機関に対しては、精度管理向上に取り組むよう県から改善通知を行っています。

令和4年度の調査結果(令和6年2月公表)

市町村結果

市町村結果(全体)

市町村結果(がん種別詳細)

胃がん
大腸がん
肺がん
乳がん
子宮頸がん

検診機関結果

  • 検診機関結果(令和4年度実施体制)

都道府県結果

過年度の調査結果

イラスト:シーサー

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沖縄県 保健医療部 健康長寿課
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)
電話:098-866-2209 ファクス:098-866-2289
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。