本文へスキップ
[畜産農家の方へ]
牛農家の方へ
山羊農家の方へ
養豚農家の方へ
家きん農家の方へ
養蜂農家の方へ
飼養衛生管理基準
その他
[特集]
口蹄疫速報
高病原性鳥インフルエンザ最新情報
北部家畜衛生情報やんばる便り
畜産共進会
肉用牛拠点産地取り組み紹介
防疫スタッフの業務
家畜防疫衛生業務担当スタッフのお仕事

家畜防疫衛生業務担当スタッフの仕事とは?

家畜防疫衛生業務担当スタッフの仕事は、主に2つに分けられます。

  • 1.家畜伝染病予防事業
    • 家畜の伝染性疾病の発生予防及びまん延防止するとともに、BSE検査、口蹄疫の侵入防止、豚コレラ、高病原性鳥インフルエンザなどの監視体制を図る。
  • 2.家畜衛生対策事業
  •  @監視・危機管理体制の整備
    • 家畜衛生関連の情報収集や防疫演習、動物由来感染症の監視、自衛防疫・自主管理の強化および沖縄牧野へのダニ侵入防止などを行なう。
  •  A慢性疾病等の低減
    • 牛・豚・鶏の慢性疾病対策
  •  B生産衛生の確保
    • 畜産農家における生産衛生管理体制を整備するため、各種検討会、モニタリング検査、動物用医薬品の使用実態調査を行なう。
  •  C動物用医薬品の適正使用、流通に関しての監視・指導
    • 動物用医薬品販売業者、獣医師並びに畜産農家に対しての監視・指導を行う。
  • 家畜防疫衛生業務担当スタッフのさらに詳しい仕事内容はこちらをご覧ください。
  • 資料:「分轄事務(家畜防疫衛生業務).pdf(202KB)