ホーム > 生涯学習・社会教育/青少年の健全育成 > 青少年の健全育成 > 持続可能な開発のための教育推進事業

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

持続可能な開発のための教育推進事業

趣旨及び概要

環境・貧困・平和など様々な地球規模の課題解決につながる価値観や行動を生み出す、持続可能な開発のための教育(ESD)の実践を通し、豊かな人間性を育み、持続可能な社会づくりに取り組む人材を育成するため、研究会の開催や研修派遣に加え、県内各学校(研究指定校)でESDが推進されるよう支援する。

事業内容

持続可能な開発のための教育(ESD)研修会

環境教育、国際理解教育、世界遺産・地域の文化財等に関する教育、その他、持続可能な社会のための担い手を育成するESD研修会を実施。

研究指定校

ESDとユネスコスクールについての理解を深め、ユネスコスクールの積極的な加盟につながるよう、創造性を活かした学校経営並びに学習指導の改善・充実を図る「持続可能な開発のための教育(ESD)」を研究する指定校を設置。

 

持続可能な開発のための教育(ESD)とは・・・

Education for Sustainable Developmentの略。「持続発展教育」とも訳される。

現代社会の課題を身近なところから取り組むことにより、課題解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと。それにより、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動。

ユネスコスクールとは・・・

 ユネスコ憲章に示されたユネスコの理想を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校。ESDのテーマとユネスコスクールの研究テーマは一致しており、ユネスコスクールの取組をとおして、ESDの推進を図ることができる。

 文部科学省では、ユネスコスクールをESDの推進拠点と位置付けその活動を支援しており、全国のユネスコスクール加盟校は1,149校(平成30年7月現在)である。

お問い合わせ

沖縄県教育庁生涯学習振興課(代表)

〒900-8571 那覇市泉崎1-2-2 行政棟13階(北側)

電話番号:098-866-2746

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?