研究報告 第10号

更新日 2019-09-25

沖縄県農業研究センター

94_8CA483Z967B8AD98ECA905E.jpg

トップページ > 研究報告 > 研究報告 第10号

研究報告 第10号

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

研究報告はPDF形式のファイルで提供しています。全文を閲覧する際にはお使いのコンピュータに「Adobe Reader」がインストールされている必要があります。次のタグをクリックすると、「Adobe Reader」の最新版をダウンロードすることができます。
get_adobe_reader_160x41.jpg

沖縄県におけるサトウキビ土壌害虫の生態解明と防除技術の開発    

試験用黒糖製造方法における冷却撹拌条件の検討

広瀬直人・前田剛希・宮平守邦・正田守幸・和田浩二
LinkIcon論文を読む(PDFファイル)

苗の生産に優れるイグサ系統「C0527002」の特性

田中洋貴・田部井大介・伏水邦彦・宮城敏政
LinkIcon論文を読む(PDFファイル)

アテモヤにおける収穫前の袋掛けおよび収穫後の水溶性ワックスによる表面コーティングが果実品質に及ぼす影響、ならびにエチレン吸着剤の使用による落果防止に関する予備試験

   大野 豪・村上盛敏・與那覇至・宮里 進・東嘉弥真勇人
LinkIcon論文を読む(PDFファイル)

ニガウリの主脈長計測による葉面積推定法

平田雅輝・阿久津雅子・谷合直樹・玉城 麿・玉城盛俊

LinkIcon論文を読む(PDFファイル)

サトウキビの安定的増収に向けた機械化技術の開発

論文抄録

●グアバ果実のケチャップ加工への適正とその抗酸化評価
●ピタヤ(ドラゴンフルーツ)果汁を用いた麦汁の加工および発泡酒の品質への影響
●沖縄産黒糖の常温保存における物理化学的およびフレーバー特性の変化
●緑肥と堆肥の連用がジャーガルの各種性質に及ぼす影響
●沖縄における侵入害虫ミツユビナミハダニの分析拡大ならびに本種沖縄個体群に対する各種農薬の殺虫効果
●琉球諸島において2009~2011年に観察されたタバココナジラミバイオタイプQの分布拡大
●沖縄の施設栽培ピーマンにおける広食性土着天敵コミドリチビトビカスミカメのヒラズハナアザミウマおよびタバココナジラミに対する防除効果
●短時間温湯処理によるマンゴー炭疽病の防除
●国産マンゴー炭疽病菌の完全世代Glomerella cingulataの初確認
●狭義のLasiodiplodia theobromaeによるマンゴー軸腐病(新称)
●施設マンゴー果実における炭疽病菌Colletotrichum gloeosporioidesおよびC.acutatumの潜在感染とその感染時期
●マンゴー炭疽病菌の薬剤感受性および薬剤体系散布の防除効果
●ピタヤの開花調節技術の開発 第1報.開花習性と結果習性
●ピタヤの開花調節技術の開発 第2報.電照栽培の実態と電照効果
●ピタヤの開花調節技術の開発 第3報.暗期中断処理が開花に及ぼす影響
●ピタヤの開花調節技術の開発 第4報.暗期中断における系統の違いと処理開始日が開花に及ぼす影響

LinkIcon論文を読む(PDFファイル)