• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 雇用 > 事業概要・制度概要 > みんなでグッジョブ運動 > みんなでグッジョブ運動について

ここから本文です。

更新日:2016年1月7日

みんなでグッジョブ運動について

みんなでグッジョブ運動ロゴマーク

みんなでグッジョブ運動とは

 県民一人一人が「働くこと」について真摯に向き合い、働くことの意義や大切さを常に考え、子どもたちに伝えていく。そして、県民みんなが働くことに生きがいを感じられるような「働く夢」を広げていく。このような県民が一丸となって就業意識の向上を目指し取り組む県民運動のことです。

これまでのみんなでグッジョブ運動の歴史

 沖縄県においては、本土復帰以降、3次にわたる沖縄振興開発計画及び沖縄振興計画に基づき、各種施策が総合的に講じられたことにより、社会基盤については、本土との格差が次第に縮小するなど、沖縄県の経済社会は着実に進展してきています。

 一方、産業面においては、観光リゾート産業の伸びや情報通信関連産業の集積など一定の成果はあがっているものの、雇用情勢は完全失業率が高止まりで推移し、若年者を中心に依然として厳しい状況が続いています。

 このようななか、沖縄県では、雇用情勢を改善し完全失業率を全国並みにするため、平成19年度から「みんなでグッジョブ運動」を展開して、産業の振興等による雇用の創出、維持、職業訓練やフォーラムをとおしてのミスマッチ解消、産学官が連携したキャリア教育の推進、特に若者を中心とした県民の就業意識の向上を図る広報啓発等の事業に4年間取り組んできました。

 その結果、沖縄県の就業者数は、平成18年比較で平成22年は2万5千人増加するなど一定の成果は残したものの、就業者数を上回る労働人口の増加や世界不況の影響で、完全失業率は、7.5%前後で推移し、目標とした全国なみの改善に至りませんでした。このため、企業、学校、教育機関、家庭、地域社会、マスメディア、行政機関が連携・強力しながら引き続き雇用情勢の改善に向け取り組んでいくこととしました。

関連事業

お問い合わせ

商工労働部雇用政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2324

(雇用創出戦略スタッフ)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?