• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 森林管理課 > 平成29年度 やんばる型森林施業推進事業の実施について

ここから本文です。

更新日:2018年5月10日

平成29年度 やんばる型森林施業推進事業の実証試験の実施について

1.現状

 やんばる地域(国頭村、大宜味村、東村)は、森林が区域面積の8割を占める山村地域であり、古くから木材、木炭等の生産が営まれ、林業・林産業が暮らしや文化と深く関わり、地域振興を図る上で重要な役割を果たしてきました。
 県内の木材需要は、平成20年に比べ約2倍に増加している一方で、林業の中核を担う国頭村の収穫面積が減少していることから、自給率が10.5%(平成20年)から3.9%(平成27年)にまで低下しています。
  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島 世界自然遺産推薦書」が国際自然保護連合(IUCN)に提出されたことに伴い、やんばる地域における森林業は、環境保全と住民生活との共存を図っていくため、より一層の環境配慮が求められています。
 これらのことを踏まえ、県では、やんばるの森林における自然環境の保全と環境に配慮した利活用を図るため、平成25年10月に「やんばる型森林業の推進-施策方針-」を定めました。

 2.目的

  県は、この施策方針に基づき、これまでグラップルやスイングヤーダを用い、集材距離100mまでの作業システムを構築してきたところです。
 本事業では、平成29年度から平成31年度にかけて、100m以上の長距離集材の作業システムを構築するため、タワーヤーダを用いた実証試験に取り組むこととしました。

3.事業実施について

 平成29年度は、国頭村楚洲県営林において、タワーヤーダ(高性能林業機械)を活用し、約0.28haの帯状択伐、環境調査等を実施しました。

 【資料】平成29年度やんばる型森林施業推進事業の実施について(PDF:1,475KB)

 【資料】平成29年度やんばる型森林施業推進事業の実績について(PDF:4,632KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部森林管理課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(南側)

電話番号:098-866-2295

FAX番号:098-868-0700

担当:森林企画班 仲里

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?