• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 第15回 水土里の路(みどりのみち)ウォーキング大会in宜野座村を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年2月16日

第15回 水土里の路(みどりのみち)ウォーキング大会in宜野座村を開催しました!

 

沖縄県及び宜野座村は、1月22日(日)、「水土里の路ウォーキング大会in宜野座村」を開催しました。この大会は、農業農村地域と土地改良施設の有する多面的機能に対する県民の理解の増進のため、「ふるさと農村活性化基金事業」の一環として平成15年から開催しています。

大会スタート準備体操              

          大会スタート                        出発前の準備体操

当日は天候にも恵まれ、350名を超える参加者が集まりました。コースは、「かりゆしホテルズボールパーク宜野座ドーム」を出発して漢那ダムやイチゴ栽培ほ場、道の駅ぎのざ等を巡り宜野座ドームへ戻る約7.7kmと、道の駅ぎのざをゴールとする約4kmの2種類のコースを設定し加者はウォーキングの途中でイチゴの試食などを楽しみながらゴールを目指しました。

350名あまりの参加者

 

 

宜野座村は、ほ場整備率82%、かんがい施設整備率99%(いずれも平成27年度実績)と、農業生産基盤の整備が進展した地域です。また、平成15年から「宜野座村農業後継者等育成センター」でイチゴ栽培を開始しており、栽培面積は当初5aだったのが、平成30年1月現在で115aまで拡大するなど、増加傾向にあります。     

350名余の参加者

今回、ウォーキングコース上でイチゴ栽培の見学や試食を行い、ゴール後には参加賞として宜野座産ベビーリーフやモズクを配付するなど、村の特産物を味わうと同時に農業農村事業の重要性をアピールし、都市住民と農村の交流を図る大盛況のイベントとなりました。  イチゴ栽培見学と試食イチゴ

お問い合わせ

農林水産部村づくり計画課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(南側)

電話番号:098-866-2263

FAX番号:098-869-0557

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?