• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 畜産課 > 肉用牛生産振興特別対策事業について

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

肉用牛生産振興特別対策事業

肉用牛生産振興特別対策事業の概要

1.目的

 低コストかつ安定的な畜産物供給体制の確立及び肉用牛の生産振興を図るために、農業機械の整備を補助することにより農家の草地面積拡大を図り、規模拡大に結びつける。

補助対象及び補助率

補    助    対    象

補 助 率

① トラクター

25/30
(うち国庫20/30、県費5/30)

② 牧草の収穫調整に使用される機械(モア-コンディショナー、ロールべーラー、テッダーレーキ、ラッピングマシン等)
③ 施肥、播種等に使用される機械(ブロードキャスタ等)
④ 糞尿の処理に使用される機械(マニュアローダー等)
⑤ 草地の更新等に使用される機械(バックホー等)及びその運搬機械
⑥ ①~③の機械を格納する農具庫
⑦ ⑥を整備する際の測量試験費(設計費、工事監理費)
⑧ 工事雑費、一般管理費、附帯事務費

5/10
(うち国庫4/10、県費1/10)

⑨ 市町村推進事務費(市町村が事業実施主体である場合を除く)

  

2.事業実施主体

 ①~③:市町村、機械利用組合等の生産組織

 ④:市町村

 ⑤:沖縄県農業協同組合(JAおきなわ)

 ⑥:市町村、機械利用組合等の生産組織

 

3.事業採択要件

 ①~③:市町村以外の場合は、3戸以上の農家の共同利用とする。

 ④:市町村が購入し、農家に譲渡もしくは貸付けするものとする。

 ⑤:JAおきなわが購入し、作業請負に使用するものとする。

 ⑥:本事業で導入する機械と一体となって整備する場合のみ認める。

 

4.事業スキーム

 

肉用牛生産振興特別対策事業スキーム図

 

5.その他

 (1) 事業採択は、畜産担い手育成総合整備事業実施地区を優先する。
 (2) 補助対象機械の更新も補助対象として認めるが、畜産担い手育成総合整備事業で導入した機械に限る。

お問い合わせ

農林水産部畜産課飼料基盤班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(南側)

電話番号:098-866-2269

FAX番号:098-866-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?