• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 統計・データ・その他刊行物等 > 心のバリアフリー1 (各種パンフレット)

ここから本文です。

更新日:2015年2月27日

心のバリアフリー1 (各種パンフレット)

 障害者等用駐車場が必要な人がいます。

美ら島3右

 

 

 障害者等用駐車区画は、車いす使用者や歩行が困難な人などがドアを全開にしても車の乗降が可能になるよう、3.5mの幅を確保した駐車区画です。

 

 ※モノレールやバスの優先席とは考え方が異なります。停めた人が車を離れるため、本当に必要な人が後から来ても譲ることが困難です。

 ※本当に必要な人のために、たとえ短時間であっても停めないようにしましょう。(出入口に近いから、一時的な用事だからといって停めない!)

 ここでなければ乗り降りできない人がいます!

パンフレット 1枚で表示 表のみ 裏のみ

 

 点字ブロックの上に自転車を停めたり、物を置いたりしていませんか?

点字ブロックの上に

 まちの中を歩いていると、黄色の点状や線状の凸凹したブロックを見かけます。

 これは、目の不自由な人が安心して歩けるよう誘導するために設置されています。

 目の不自由な人はこのブロックを頼りにして、歩いています!

 目の不自由な人にとって「点字ブロック」は私達の目と同じです。

 ブロックの上に物や自転車を置くようなことは、絶対にやめましょう。 

パンフレット 表のみ(PDF:705KB)

 

 

 ほじょ犬はペットじゃない。からだの不自由な人のからだの一部です。

ほじょ犬1ほじょ犬(補助犬)とは、目や耳や手足が不自由な人のお手伝いをする、盲導犬、介助犬、聴導犬のことです。からだの不自由な人のからだの一部であり、ペットではありません。

 「身体障害者補助犬法」に基づいて認定されてた犬で、特別な訓練を受けています。きちんとしつけられているので、社会のマナーも守れるし、お手入れも行き届いていて衛生的です。だから、公共施設や交通機関をはじめ、飲食店やスーパー、ホテルなどのいろいろな場所に同伴できます。

 ほじょ犬は、からだの不自由な人の自立と社会参加を助けています。

 ほじょ犬のことを、もっともっと知ってください。

パンフレット 沖縄県パンフ ほじょ犬もっと知ってBOOK(厚生労働省)

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部障害福祉課計画推進班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2190

FAX番号:098-866-6916

子ども生活福祉部障害福祉課地域生活支援班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2190

FAX番号:098-866-6916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?