• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 同一建物減算について(訪問系・通所系)

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

同一建物減算について(訪問系・通所系)

みだしのことについて、平成27年4月の介護保険制度改正に伴い減算要件が改正されたところですが、解釈を誤っている事業所が見受けられますので、再度周知を図ります。

当該要件に該当する場合は、速やかに介護支援専門員や保険者と調整の上、過誤調整等を行うようお願いします。

【例】訪問介護の場合   

下記のいずれかに該当する場合、10%の減算となります。

①事業所と同一敷地内又は隣接する敷地内に所在する建物(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、養護老人ホーム、経費老人ホーム)に居住する者へのサービス提供  ※利用者1名でも該当します。

②上記以外の範囲に所在する建物(建物の定義は同上)に居住する者へのサービス提供

 (当該建物に居住する利用者の人数が1月当たり20人以上の場合)

 ●集合住宅におけるサービス提供の報酬(平成27年4月改正後概要)(PDF:1,372KB)

 

【訪問介護の場合(イメージ)】

 同一建物減算 

出典:平成27年3月全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

FAX番号:098-862-6325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?