• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 教育・文化・交流 > 平和 > 「非核・平和沖縄県宣言」について

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

「非核・平和沖縄県宣言」について

本国沖縄県は、日本の最南端に位置し、東西約620マイル、南北約250マイルの海域に広がる50の有人島を含む160の島々から構成されております。
縄県は、かつて「琉球王国」を形成し、「武器なき邦」「平和愛好の民」として国の内外に知られ、近隣諸国との交易を通じて、積極的に友好関係を結び、独自の文化と平和な社会を築きあげてきました。
の後、「薩摩の侵攻と支配」「琉球処分」「太平洋戦争・沖縄戦」「アメリカの占領と統治」「日本復帰」など様々な歴史の試練を受けながらも、祖先から受け継いだ平和への志向を一段と深めてまいりました。
、私たちは、平和を尊び“共生”を志向する「沖縄のこころ」をもって、世界の恒久平和の実現のため努力をしているところであります。
このため、太平洋戦争・沖縄戦終結50周年に当たる平成7年、沖縄県条例で定めた6月23日の「慰霊の日」に、とこしえに平和を求めてやまない沖縄県民の心を内外に広く、強くアピールするため「非核・平和沖縄県宣言」を行いました。

非核・平和沖縄県宣言

戦争は無差別に破壊し尽くす
すべての生命を
生活を
文化を
歴史を
自然を

太平洋戦争最後の地上戦があった
この地沖縄
街や村がやかれ
二十万余が命を奪われた
祖先が築き上げた文化遺産は失われ
地形をも変えた
その傷あとは今なお癒えない

戦争その悲惨な体験をいしずえとして
私たちは
世界の人びとへ訴える
一切の核兵器と
あらゆる戦争をなくし
武器にかえて対話を
そして愛と信頼で
地球を平和に満ちたみどりの星にしよう

私たち沖縄県民は
「イチャリバチョーデー」を合い言葉に
万国津梁の地の建設を希求し
世界の恒久平和を願い
声高らかに非核・平和沖縄県を宣言する

1995年6月23日縄県


YourEnglishexplanationishere.

monument

お問い合わせ

子ども生活福祉部平和援護・男女参画課平和推進班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2500

FAX番号:098-866-2589

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?