• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 事業概要・制度概要 > 民生委員・児童委員について > 平成30年度「民生委員・児童委員の日 活動強化週間」について

ここから本文です。

更新日:2018年5月11日

平成30年度「民生委員・児童委員の日 活動強化週間」について

「民生委員・児童委員の日」における知事メッセージ

   はいさい ぐすーよー ちゅーうがなびら。
   5月12日は「民生委員・児童委員の日」です。

   毎年、5月12日から18日までの1週間は、「民生委員・児童委員の日 活動強化週間」と定められ、民生委員・児童委員の活動の重要性を広く周知するためのPR活動等が全国的に展開されます。

   民生委員・児童委員は、安心で暮らしやすい地域社会をつくるために活動している、地域住民の身近な相談相手です。民生委員制度の歴史は古く、大正6年に岡山県において創設された済(さい)世(せい)顧問制度を源とし、平成29年度に制度創設100周年という大きな節目を迎えた歴史と伝統を有する制度です。

   沖縄県においては、現在2千名余りの民生委員・児童委員の皆様が、社会奉仕の精神をもって献身的に活動し、県民福祉の増進に大きく貢献されています。その活動に対し、深く敬意を表するとともに、県民を代表して心から感謝申し上げます。

   今日、社会情勢が大きく変化する中、子どもの貧困をはじめ経済的困窮、虐待、孤立といった社会問題が顕在化し、地域住民の抱える課題は、広範多岐にわたっています。
このような中、地域住民の立場から福祉行政との橋渡しを担う民生委員・児童委員の役割は、一層重要性を増しています。
   そして、民生委員・児童委員の活動が円滑に行われるためには、県民の皆様の御理解と御協力が不可欠です。

   県民の皆様におかれましては、期間中、行われるイベントに御参加いただき、民生委員・児童委員の活動に対する御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
   ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。


   平成30年5月12日

沖縄県知事 翁長 雄志



5月12日は「民生委員・児童委員の日」

 全国民生委員児童委員協議会(当時)は、昭和57年に毎年5月 12日を「民生委員・児童委員の日」とすることを定めています。(※大正6(1917)年5月12日に岡山県済世顧問制度設置規定が公布された日です。)

5月12日(土)から18日(金)までの1週間は「活動強化週間」

 民生委員・児童委員(以下「民生委員」という。)の存在や活動を広く社会にアピールするための活動強化週間です。この活動強化週間は、全国23万人の民生委員・児童委員がさまざまなPR活動等を展開することにより、地域住民や関係機関・団体、そして広く国民一般に民生委員・児童委員の存在や活動について一層の理解促進を図り、委員活動の充実につなげていくことをめざしています。沖縄県でも、各市町村において様々な取り組みが行われる予定となっております。

平成30年度「民生委員・児童委員の日」活動強化週間取組予定一覧(PDF:220KB)

 


 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2164

FAX番号:098-866-2714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?